« あぶり寿司なハワイの夜 | トップページ | 二つ目のプレゼンが終わった夜に »

永遠の課題について

火曜日のプレゼンの資料を作り始める. 

April_21_005_1  ビゴツ キー理論(10分),フィールドワークの分析結果(10分),質疑応答(5分)というタイム・スロット. 今日は,最初の10分のビゴツキー理論の部分をまとめるだけで一日が終わってしまった. ZPDやらscaffoldingやらsemiotic mediationやらegocentric speechやら,ビゴツキーさんの理論は10分ではとても話しきれないと思うけれども,強引に圧縮しなければならない. アメリカ人みたいにすごい勢いペラペラ話せたらいいのだけれども,なかなかそういうわけにもいかないわけで,外国語でのプレゼンというのはいつになっても好きになれない. 火曜日の授業はわたし以外全員アメリカ人だから,心理的負担も大きい. アメリカ人は英語がうまい. それに比べて私の英語はへたくそだ. しかし,大事なのは話す内容なのだ. 英語はただの手段にすぎないのだ. 

と言ってみたものの,やはり美しい英語を話せるようになりたいと思う. TOEICやTOEFLで高得点をとっても,博士課程に入学できても,ネイティブみたいにはなれない. 外国語はいつまでたってもゴールがないとしみじみ思う. 

夜8時頃図書館を出る.

そんなに根をつめてやったわけではないのだけれども,今日はとても疲れた. 

そしてふと思った. こんなふうにクタクタになって家路に着いたとき,松嶋奈々子のようなかわいい奥さんが「おかえり」といって迎えてくれて,食卓にはおいしいそうな夕食が用意されているというのは,とてもいいものだなぁと. どんな疲れも吹き飛んでまた明日へのエネルギーが沸いてきそうだ. しかし,わたしは女性なので,松嶋奈々子のような奥さんを求めるのではなくて,自分がそのような立場になることが求められているのだと思い改める. 

April_21_006 研究や仕事は続けたいが,結婚もして家庭も持ちたいという思いがある. しかし,「両立」というのは実質不可能なのだと思い知らされた経験がある. どちらかを選ぶことを余儀なくされ,いつも仕事の方を選んできた. そして,そのまま現在まで突っ走ってきてしまった. 「あのとき結婚を選んでいたら」と考えるのは無意味だと思うので,もうこのまま突っ走るしかないのだろうけれども,松嶋奈々子のようなかわいい奥さんになりたいという思いがないわけではない. 大切な人にはおいしいものを食べさせてあげたいと思うし,大切な人の支えになることができればうれしいと思う. しかし,一方で,わたしにはリテラシーに関する研究を続け,教育機関で仕事をしたいという強い思いがある. 5年後,10年後,15年後というスパンで仕事と研究の上での目標ができあがっていてそれをどうしても実現させたいという思いがある.

英語がいつまでたってもゴールがないのと同様に,仕事,結婚,家庭という問題もわたしにとっては永遠の課題なのかもしれない.

そんなことを言いつつ,明日も一日ビゴツキー理論について考えクタクタになって帰宅しているのだろう.

こんな女の人はやっぱり結婚には向いていないのかもしれないですね. せつないですね. にゃん.

|

« あぶり寿司なハワイの夜 | トップページ | 二つ目のプレゼンが終わった夜に »

コメント

こんにちは。
TOEICやTOEFLでいくらいい点をとってもネイティブにはなれませんよね。でも企業や学校の採用者・入学担当者はそうみてしまう。やはり目安として使いやすいからでしょうか。

あと、結婚と家庭の両立ですが、これは言われるように非常に難しいと思いますが、可能だと思います(私にもあてはまりますが・・・)。やはり一番大切なのは相手が自分のやっていることを理解し、尊重してくれることだと思います。そういう意味では同業者が一番かなと思うこともあります。
でもSATCHYさん、そこまで具体的に目標があるというのはすばらしいことだと思います。人間なかなかそこまで具体像を持っている人はいませんから・・・。お互いを理解して尊重できるような人がいずれ見つかるといいですね(自分にも言い聞かせてる)!

投稿: American Mike | 2007年4月24日 (火) 12:20

【american mikeさん】
ありがとうございます.

両立は難しいですね.

【?さん】
私の専門はcomposition & Rhetoricという分野でこちらはEnglish Dptに置かれています.

投稿: satchy | 2007年4月24日 (火) 15:48

お疲れ様です!

satchyさんの努力はきっといつか実を結ぶことを、祈りたいと思う。
自分の為にもそうあってほしい!

人生は良くも悪くも計画どうりにはいかないものです。
だから、そのうち思いがけない幸福が訪れるかもしれませんよ~!

ではまた。

投稿: ピクシー | 2007年4月24日 (火) 19:14

【ピクシーさん】
こんにちは.

ありがとうございます.そんなふうに言っていただけてとてもうれしいです.

投稿: satchy | 2007年4月25日 (水) 19:12

私も可愛い奥さんがお疲れ様~って言って迎えてくれて、おいしいご飯をつくってくれてたらなぁって思います。
そしたら私は家族の大黒柱として頑張っちゃうんだけどなぁ~。

投稿: Hitomi | 2007年4月27日 (金) 09:47

【Hitomiさん】
ほんとにー.大黒柱は大黒柱で責任が重くてとても大変だとは思いますけど.クタクタになって帰ったときに,「おつかれ」って迎えてくれる人がいるというのはやっぱりいいですね.

投稿: satchy | 2007年4月27日 (金) 17:46

ビゴツキーに取り付かれてしまいました。中学教諭暦27年 嘱託7年目(小学校)養護級学級担当で小学2年の児童担当。ものの見事にビゴツキー理論にぴったりの児童を受け持つ。サークル等に連絡が取れると嬉しいのですが。

投稿: 高月 正清 | 2007年8月 3日 (金) 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/14822504

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の課題について:

« あぶり寿司なハワイの夜 | トップページ | 二つ目のプレゼンが終わった夜に »