« 永遠の課題について | トップページ | ライティング研究の仲間にいれていただく »

二つ目のプレゼンが終わった夜に

ビゴツキーのプレゼンが終わった. 

終わった後,Dr. Bayerに"You look poised and confident."と言っていただく. そこを褒められましても. まぁそこしかいいところがなかったのですから仕方ないですけれども.

クラスにたった一人の留学生ということで必要以上に気を使われているような気がする. この前は,"You are brave."などと言われた(一人で海外留学しているということについて). braveと言われましても. braveと聞くと,なぜかいつも,"Braveheart"という映画に主演していたメル・ギブソンのことを思い出してしまう. メル・ギブソンは少々濃いと思う. そして海外留学は別にbraveでも何でもないと思う.

アメリカ人の学生にはこのようなことは絶対に言わないのだろうし,なんだか子ども扱いされているようでせつなくなる. 自分に力がないのだから仕方ないのだけれども.

Ahipoke_001とりあえず終わってほっとしたので,コーヒーを飲みに行く.  夜遅かったので,ナポレオン・ベーカリーのドーナツが半額になっていた. ラッキー. ここのFlaky Glazed Donuts(写真)は,日本の「編みドーナツ」に似た味がする. でも,かなり甘いのでほんとにクタクタに疲れているときしか食べない. 普通の状態のときは甘すぎて半分でギブアップする. そういえば,アメリカのクリスピー・ドーナツが東京・新宿にオープンしたらしい. 1時間待ちほどの行列ができていると聞きましたが本当でしょうか. 日本人の口には甘すぎると思うのですがどうなのでしょうか. シナボンの二の舞にならなければいいですね. わたしはミスドがかなり恋しい. 

ここ数日,ホノルルは強風が吹いている. 夜は気温が下がり寒い. バスを待っているとくしゃみがとまらなくなる. ハクションというたび,となりのおじさんが"Bless you!"と言ってくれる. くしゃみをした人に対して言うこの"Bless you!"は,日本語で言うと「お大事に」という意味のなるのでしょうか. とても温かい言葉だと思います. でも,あまりに何度もくしゃみをしていたのでおじさんに申し訳なかったです. 気を使ってくしゃみを止めようとして,奇妙な音が鼻から出てしまいました. おじさんも「今のは何?」という表情でこちらを見ていました. 赤面.

あとはペーパー2本と統計の試験. 

|

« 永遠の課題について | トップページ | ライティング研究の仲間にいれていただく »

コメント

プレゼンお疲れ様でした。無事終わってよかったですね。

私の時も経験しましたが、アメリカの大学院、特にTESOL関係の先生は留学生にやたらきを使って、皆の前で褒めてくれたり、個人的にメールをくれたり・・・それらが留学生に対する彼らなりの配慮でしょう(勿論私にも力がなかったのですが・・・)。

勉強・研究に疲れた後は甘いものに限りますね。でもアメリカのものは加減を知らないというか、とことん甘いですよね。それに比べるとミスドのドーナツはちょうどいいですね。

あともう少しですね!風邪などを引かないように頑張ってください!!

投稿: American Mike | 2007年4月27日 (金) 05:28

【American Mikeさん】
いつもありがとうございます.

ミスドのオールドファッションが食べたいです.

投稿: satchy | 2007年4月27日 (金) 17:47

こんにちは

ちょうど自分の課題論文を読んでいて、ノンネイティブの学生をどう授業に取り込んでいくかという議論だったのですが、共感するとともに、ノンネイティブというのは既にネイティブから「取り込んでもらう」&「手助けをしてもらう」立場なのかなあともやもやしているところです。

もちろんそうじゃないノンネイティブも一杯いるのでしょうが、私自身はクラスでまだ「留学生」のステータスを超えられていません。ひとりのクラスメートとして対等になれるのはいつになるのか、いや英語力や学力のせいでずっとなれないのかな・・考え出すときりがないですし、頑張るしかないのでしょうが。

投稿: tressoles | 2007年5月 1日 (火) 15:44

【tressolesさん】
こんにちは.

コメントをありがとうございます.

難しい問題ですね.アメリカ人ばかりのクラスに留学生のわたし一人という状況が今は多いので,グループワークなどになると正直胃が痛くなることがあります:( 言語面では,なかなか対等というわけにはいかないですね.

こんなときは,Paul Kei Matsuda先生が"difference (language difference)" と"deficiency"を混同してはいけない,と書いていらっしゃったことを思い出して自分の励みにするようにしています.

またいろいろお話を聞かせていただきたいです.

投稿: satchy | 2007年5月 2日 (水) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永遠の課題について | トップページ | ライティング研究の仲間にいれていただく »