« 白い恋人 | トップページ | お好み焼きなハワイの夜 »

CALL教材を作る

CALLの授業のファイナル・プロジェクトで,HotPotatoesを使って教育ソフトを作ることになりました.

将来的に,アカデミック・ライティングの教育ソフトを作りたいという夢があって,その長期的な目標のために,今回のプロジェクトはよいスターティング・ポイントになると思うので,HotPotatoesでは限界があると知りつつ,とりあえずいいもの作りたいと思っています.

春休み中に書いたプロポーザルを先生に読んでもらったら,「おもしろい」と言ってもらえたので,今週末から本格的に形にしていく予定です.

でも,この先生は,誰のどんな質問に対してもとりあえずExcellent !とかExciting !っていう方で,最初は「ほめて育てるタイプなんやなぁ」と思っていたのですけれども,だんだん,「なんかめっちゃ適当や」と思うようになってきました.今日もやっぱりプロポーザルを読みながら,How exciting !とか言ってましたけれども,「ほんまかいな?」と.

まぁこれでいいことにしましょう.ハウエキサイティングなんですから.明日から問題とコメントをHotPotatoesに入力していこうと思います.

それにしても,教材を作るのって難しいですね.わたしは今回パラグラフ・ライティングに焦点を当ててみたのですけれども,何が一番大変だったかというと,「例文」です.例文ってとても大事ですよね.でも,問題の目的にぴったりあった例文を見つけてくるのはとても難しい.自分で考えるとなるとこれまためちゃ大変.

簡単すぎてもいけないし,難しすぎてもいけないし,適切な例文をそろえるのはとても大変な作業だと痛感しました.教材を作られている先生方はどうやって例文をそろえているのかな,とちょっと気になりました.

それから,完成した教材が日本の大学で使えそうかどうか機会がありましたら見ていただけますでしょうか.もちろん,現役大学生のみんなも大歓迎です.

|

« 白い恋人 | トップページ | お好み焼きなハワイの夜 »

コメント

何かを作るって大変ですよね。hotpotatoesってなんですか?

投稿: | 2007年4月 7日 (土) 00:19

何かを作るって大変ですよね。hotpotatoesってなんですか?

投稿: ささき ごう | 2007年4月 7日 (土) 00:19

私の勤務している大学院でもアカデミックライティングのクラスがあり、私も時々関わる機会があります。
例文を探すのも本当にその時々の受講者に左右される面もあり、難しいと思いますが、CALLとアカデミックライティングをインテグレートする方法は非常に面白いと思います。また、完成したら教えてくださいね。

ところで、アカデミックライティングを教えようとした時に使えそうなテキストは何かご存知でしょうか。私も昨年アカデミックライティングのマニュアルを作る機会があり、色々な文献に当たりましたが、なかなかいい文献がなくて・・・。

投稿: American Mike | 2007年4月 7日 (土) 18:54

【ごうくん】
できあがったものをぜひごうくんに試してもらいたいです.

hotpotatesというのはプログラミング言語を知らなくてもCALL(Computer Assisted Language Learning)教材が作れる無料のソフトウェアなんです.

選択問題や並び替え,クローズ・テストなんかが作れます.紙ベースのテキストとの大きな違いは,答に対してimmediate feedbackがもらえるという点です.

TOEFLのプラクティス・テストで同じような問題を見たことがあるかもしれないね.

【American Mikeさん】
コメントをありがとうございます.

できあがった教材をぜひ見ていただいて,フィードバックをいただければ助かります.

知っている限りでは,以下の教材が役に立ちました.すでに先生もご存知のものかもしれませんが...

Meyers, Alice (2005). "Gateways to Academic Writing: Effective Sentences, Paragraphs, and Essays." Longman.

Leonhard, H. Barbara (2002). "Discoveries in Academic Writing." Heinle & Heinle, Thomson Learning.

Oshima, Alice, & Hogue Ann (1991). "Writing Academic English." Longman.

Rossiter, Paul (2004). "First Moves." The University of Tokyo Press.

アカデミックライティングの足場を固めるためには役に立つ教材だと思いました.

投稿: satchy | 2007年4月 8日 (日) 18:10

有難うございました。
早速チェックしてみます。

投稿: American Mike | 2007年4月10日 (火) 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/14580827

この記事へのトラックバック一覧です: CALL教材を作る:

« 白い恋人 | トップページ | お好み焼きなハワイの夜 »