« 青い海,白い波,そして青い空,白い雲 | トップページ | この世の中の「ズレ」について »

「くっつく」ことは時におそろしい

天井と床がくっついてしまう夢を見ました.

東京タワーの夢よりも,ある意味おそろしかったです.

やはりストレスのせいでしょうか.

そして,翌朝,サンダルのヒールの部分をアロンアルファでくっつける作業をしていると,サンダルを直す前に,右手の親指と人差し指がくっついて離れなくなってしまいました.

アロンアルファってまさしく「強力瞬間接着剤」なのですね.

このまま親指と人差し指がくっついた人になってしまうのだろうかと心配しましたが,数分格闘した後,何とか離れてくれました.

痛かったです.

「くっつく」ということは時におそろしいと感じました.

ただのアホな人の日記になってしまいました.

|

« 青い海,白い波,そして青い空,白い雲 | トップページ | この世の中の「ズレ」について »

コメント

怖いですね~
くっついて欲しいものは、なかなかくっつかなかったりするのに・・・
親戚のお兄ちゃんも、小さいとき指がくっついて取れなくて、切りに行ったと言ってました。。
ほんと、離れてよかったです。

投稿: kama | 2007年3月 2日 (金) 22:41

アロンアルファって怖いですよね。僕も小学生の時、年上の小学生に「僕として握手して、そのあとギュッって思いっきりグーにしてみて」と言われて、握手した後、手を離し、言われるままにグーをつくると、指が離れなくなってしまいました(パーに開かなくなってしまったのです)。いたずらで、その小学生の手の平にはアロンアルファがついていて、握手によってアロンアルファを自分の手に移してしまいそのまま自分の手を握ってしまったのでした。すごく焦ったのを覚えています。今はパーをつくれるので、そのときは何とかしたんはがしたんでしょうね…。子どもはときに残酷です^^。Satchyさんも誰かと握手するときは気をつけてくださいね!

投稿: まるがり てつお | 2007年3月 2日 (金) 23:48

うわぁ〜、大変でしたね。
アロンアルファは強力ですからね。
気をつけてください。。
接着力が強いものは、危険です。。

全然関係なけど、こどものころ、プラモデルを作っていて、
セメダインを指に塗り、乾いてからはがして、
指紋採りとか言って遊んだことを思い出しました。

投稿: nepcom | 2007年3月 3日 (土) 11:04

一度 台所のsinkの流し口に、お茶碗がぴったりぴったりはまってしまい
どうやってもとれなくなり、水を流せないので
しょうがなくお茶碗を金づちで割ったことがありました。
アロンアルファすら使ってないのに。。。
はまりすぎ、というのは怖い状態です。
SATCHY、勉強にはまりすぎるな~~!
なんてうまいことまとめたつもりでも意味ぜんぜん違うでぇ。。

投稿: せつこ | 2007年3月 3日 (土) 12:33

【kamaさん】
ほんとにそーだねー.

親戚のお兄様と同じく,わたしも,小学校3年生くらいのときに同じ事故を起こしました.

小学生のときから成長がないということで,失敗から学ばなくてはいけないと思いました.


【てつお先生】
とても恐ろしい話ですね...

くっついてしまったグーをパーに開くためには,相当の痛みを乗り越えなければならなかったはずで,幼いてつお先生はよく耐えたなと.

握手の瞬間にはいつもそのトラウマがよみがえるのではないでしょうか.

わたしも気をつけますね.

【nepcomさん】
指紋とりですか.とても恐ろしい遊びですね!! 

アロンアルファは強力ですね.

何であの強力さを実現しているのだろうと思いました.

【せつこさん】
かなづちで粉々にされてしまったお茶碗さまの運命は涙をさそいますね.どうしてそんなところにはまってしまったのか.

ほんとに...はまりすぎというのはよろしくないと感じる今日この頃です.

うまくまとまってます先生!

投稿: satchy | 2007年3月 4日 (日) 04:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/14101858

この記事へのトラックバック一覧です: 「くっつく」ことは時におそろしい:

« 青い海,白い波,そして青い空,白い雲 | トップページ | この世の中の「ズレ」について »