« この世の中の「ズレ」について | トップページ | インタラクションだけがすべてなのか »

9月,名古屋で

9月に名古屋で開催されるSSLWで発表できることになりました.

まだ途中段階のプロジェクトなので,夏休みは必死になって発表の準備をしなければなりませんが...

がんばります.

名古屋も楽しみ.

|

« この世の中の「ズレ」について | トップページ | インタラクションだけがすべてなのか »

コメント

名古屋。。、楽しみですね。

それも9月中旬となれば、暑くも寒くもないので、季節的にいいですね。。

ひつまぶしが食べられる名古屋でお勧めのお店。

「うなぎ『しら河』」
http://www.hitsumabushi.jp/osinagaki.htm

是非、お立ち寄りください。。
おいしくてたまりませんよ。
nepcomは、名古屋城近くの浄心本店で
食べました。

投稿: nepcom | 2007年3月 5日 (月) 09:12

nepcomさん,こんにちは.

ひつまぶしを食べなきゃと思っていたところだったんですよ.お店を教えてくださってありがとうございます.

おいしいものをたくさん食べて帰りたいです.

ひつまぶしのほかにも名古屋はいろいろとおいしいものがたくさんありそうですね.

投稿: satchy | 2007年3月 5日 (月) 17:24

名古屋名物で好きなのが、
ここのえびせん。。
http://www.bankaku.co.jp/

ぱりっとした味わいがビールのつまみに
ぴったりなのです。

名古屋名物ではありませんが、
赤福の月変わりの一品「竹流し」。
その昔、毎年鈴鹿8時間耐久ロードレースを
見た帰りに購入してました。

つるんとのどごしのいい、甘さ控えめの水ようかん。
http://www.akafuku.co.jp/product/tsui_07.html

でも、7月限定なので・・・、
今回は食べられないですね・・。
でも、小豆がお嫌いでなければ
月替わりの品をご賞味ください。

私事ですが、5月に神戸へ行く予定なのですが、
神戸ステーキのご推薦のお店、
教えていただけますでしょうか?

投稿: nepcom | 2007年3月 6日 (火) 13:46

nepcomさん,

えびせん,買います.

わたしもかなり好きです.

情報ありがとうございます.

神戸に行かれるのですね.5月に日本にいれたらよかったです.

神戸元町ヘンリー亭
http://r.gnavi.co.jp/k322900/

メリケンパークオリエンタルホテル「ステーキハウス」
http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/restaurant/res_list/oriental/index.html

などはいかがでしょうか.

ボックサンのケーキ(元町大丸地下2F)も,もしチャンスがあれば召し上がってみてください!

投稿: satchy | 2007年3月 6日 (火) 17:57

satchyさん、こんにちは。

神戸の情報、ありがとうございました。

おかげさまで、神戸牛を久々に堪能できます。

ケーキも試してみます。

投稿: nepcom | 2007年3月 7日 (水) 11:01

是非お試しあれ! よくお問合せを頂きますが、今回お売り頂きましたベル&ロス(bell&ross)のような海外ブランドでないと買取査定をしていないと思われがちのようですが、日本国内の時計ブランドもお取り扱いしておりますので、是非お使いでない時計がございましたら、エコスタイル銀座本店へ買取査定にお越し下さい。
基本はシンプルなステンレスモデルのためオンオフ問わない使用が可能ですが、インデックスや独特の針にはベル&ロスのデザインアイデンティティがふんだんに詰まっており、時計愛好家もベル&ロスファンも納得のシリーズではないでしょうか。
一般的な日本人の腕にはBR03の方が、収まりがいいとも言われています。
海外旅行やビジネスが一般的になった昨今、人気のある機能ですね。
41mmと、日本人も使いやすいサイズ感です。
生粋のミリタリーウォッチと言うよりもミリタリーとヴィンテージを融合させたかのような一本。
本日はベル&ロスの時計を高価買い取り致しましたのでご紹介しますね。
Wrist Watch1―最初の腕時計―の意味ともWorld War I―第1次世界大戦―の意味とも言われるモデル。
ポケットウォッチが初めてリストウォッチとして使用されたのが第一次世界大戦。
これまでのベル&ロスとは一線を画す、第三世代と呼ばれるシリーズが登場しました。
その時代背景をもとに、戦闘機のダッシュボードクロックのモチーフとして発表された「BR01」シリーズを上手に踏襲した、ベル&ロスの集大成とも言える名品です。
BR123初代のコンセプトが活きた、シンプルでベーシックなモデル。
圧倒的な流通量と豊富な販売ルートが、買取金額を最大化させます。
店頭買取のようにお店の営業時間を気にすることなく、自分のペースで査定から買取までを進めることができます。
上記の図は、オークデータ を使って、約 5 年間の中古相場のトレンド表を記載しておいたが、徐々に平均落札額が上昇している。
BR01の10周年を目前にした2014年発表の、BRシリーズ最上位機種。
を採用したり、ダイアルをスケルトンにするなど、機能性一筋だったベル&ロスに挑戦や遊び心を加えたシリーズとなりました。
アビエーション、プロフェッショナル志向、機能性、シンプルな力強さ、そしてブラック。
機能美がクローズアップされてきたベル&ロスが、また新たな領域に入ったことを感じさせる潮流のようなシリーズです。
極端に華美な腕時計ではなく、シンプルで実用に適したヴィンテージウォッチでした。

スーパーコピー時計 https://www.yutee007.com/protype/list-177.html

投稿: スーパーコピー時計 | 2020年7月25日 (土) 03:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月,名古屋で:

« この世の中の「ズレ」について | トップページ | インタラクションだけがすべてなのか »