« ワイキキでさらにネガティブになる | トップページ | 白ワインとメロンパン »

分散分析がひとりでできるようになる

分散分析(ANOVA)のレポートが完成.

一ヶ月前までは分散分析について何も知らなかったわたしが,分散分析をひとりでできるようになったことがうれしい.

ひとりでできるようになるまでには,ヘック教授の授業以外に,ハンバーガー統計学の助けがあったり,日本にいる先生のスカイプ・レクチャーがあったり...と,いろいろな方々の手助けがあったわけですけれども,やはり人の発達においては,「スキャホールディング:scaffolding(=足場掛け)」が大事なのだということを実感した次第であります.

これはビゴツキーのZPD理論が説明していることで,人の能力には,「ひとりでできること」と「上級者の助け(scaffolding)を借りてようやくできること」があり,その間には,発達する可能性のあるZPD (Zone of Proximal Development: 最近接発達領域)が存在するということです.つまり,周囲の人々との相互作用から,人は新しい能力を獲得し,その結果,ZPDの水準が引き上げられて発達が起きる,というものです.

scaffoldingというのは,人の可能性を引き出すという面でもとても大事なことなのだと思いました.わたし自身の教育哲学は,ビゴツキーにかなり影響を受けているので,今回自分の勉強でscaffoldingとZPDの関係について体感できたことはたいへんよい経験となりました.

子どもたちのZPDの水準を上げ,子どもたちの可能性を引きだし,子どもたちの発達の手助けができるような先生になりたいものだと思います.

久しぶりに真面目な話をすると,こそばくなってきました. こちょばー.

(そういえば,「こそばい」というのは関西弁だと聞いたことがあるような...)

なんかパーッとのみにいきたい気分. にゃー.

|

« ワイキキでさらにネガティブになる | トップページ | 白ワインとメロンパン »

コメント

…ZPD?!scaffolding!!

おーー!! 聞いたことあると思ったら、
Emergent Literacyの回の時出されたリーディング課題に書いてあったやつだ!(><)

うれしいからもう一回読もぅ…(笑)。ぐふ。

投稿: w | 2007年2月27日 (火) 09:14

私の友達が以前 ZPD理論のことを
絶対パクリはダメ、とinterpretしていましたの。。

scaffoldingが必要、ほんと。
私は、SATCHYみたいなアカデミックなことはできないから
プレイングコーチとして学生を助けて上げたい。

投稿: せつこ | 2007年2月27日 (火) 12:31

【wさん】
ビゴツキー,おもしろいですよ.

ぜひぜひもう一度読んでみてね.

【せつこさん】
え,「絶対パクリはダメ」ですか.そういえば,ZPDになってますね.plagiarismを教えるときに使っておられたのでしょうかね.

わたしはアカデミックなこともプラクティカルなことも,まだまだ力不足ですー.

投稿: satchy | 2007年2月28日 (水) 05:21

この日の先生の文面は、何度も何度も読みたいって思いました。

私が、今、悩んでいたことの、すべてが、
この文面にありました。
1先生は、ホームシックとかならないのかな、
2先生は、難解な問題をどんな風に解くのかな
私は、いくつになっても、臆病で、迷路では泣きべそばかりな人間でしたから。
でも、先生も、がんばってるんだな、、、
レベルは断然違うんですがね、、、
高いところで、がんばってるんだな、、、
って、思い知りました。
、、、、、感化、、、ありがとうです。。。

投稿: ぺーぺーなちかこ(神戸) | 2007年3月 4日 (日) 17:55

【ちかちゃん】
来てくれてありがとう.

>1先生は、ホームシックとかならないのかな
→なります.慢性のホームシックです.

>2先生は、難解な問題をどんな風に解くのかな
→うーん...とうなりながら.

私も臆病だし,泣きべそやろうだと思います.強くなりたいです.

ちかちゃんは今のちかちゃんのままで十分すてきですよ.レベルなんて関係なし!です.

投稿: satchy | 2007年3月 5日 (月) 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/14063658

この記事へのトラックバック一覧です: 分散分析がひとりでできるようになる:

« ワイキキでさらにネガティブになる | トップページ | 白ワインとメロンパン »