« 要領よく仕事をし生活を楽しむ方法について考える(つづき) | トップページ | わかっている人がわからない人に教えるときに大切なこと »

自分の父親の名前をWikipediaで見つけてしまった日

Wikipediaで検索をしていたら,偶然,どこかで見たことのある名前を見つけた.

ちょっとびっくりしてしまった.自分の父親の名前だった.

何しろ,わたしの父親という人はほとんど家にいない人で,「この人は一体外で何をしているのだろう」と幼い頃から思い続けてきた.

でも,よく学校の先生や友達に,「昨日お父さんNHKに出てたね」とか「昨日お父さん新聞に出てたね」とか言われて,この人はどうやらテレビや新聞のネタになるようなことを研究しているようだ,と本人からではなく外部からの情報で学んでいった.

近所のおばちゃんに,「昨日カルチャーセンターでお父さんの講習会受けたわよ」なんて言われることもあって,「この人はこんなところにまで出没しているのか.なんて出たがりなんだ」と思ったことも覚えている.

バイト先に,父親の研究室の学生がいて,「お父さんって家でもあんなにお酒飲むの?」なんて言われてしまったこともある.そのときに,どうやらこの人は酒豪であるらしいということも学んだ.

Wikipediaから本人のプロフィール,経歴や業績などのページにたどり着き,自分の父親について自分がいかに知らなかったかを知った.もっと家にいてくれたら,いろんな話が聞けて楽しかっただろうし,わたしの人格形成にももっと違う影響を与えたのではないかと思ったりした.

でも,わたしが紆余曲折がありながらも結局研究の道に進むことになったのは,やはり父親の影響をどこかで受けていたからなのだと思う.

Wikipediaには「○○○の草分け的存在」とあったのだけれども,この「草分け的存在」という言葉はとても深いなと思った.その○○○は最近ようやくその価値が見直されるようになった分野で,わたしの父親という人の研究者生活は決して平坦なものではなかったと思うのだ.

大学を退職した今も研究所を開いて頑張っているようだ.○○○という分野に人生をかけているのだと思う.

ほとんど家にいなくてほとんど話したことがないのだけれども,一つ父親から学んだことがあるとしたら,「続けること」の大切さだと思う.小さなことでも続ければ大きな力になるということだ.

しかし,自分の紹介のページにパソコン画面いっぱいになるサイズの写真を載せるのはやめてほしいと思った.ホクロの数まで数えられそうな勢いだった.

|

« 要領よく仕事をし生活を楽しむ方法について考える(つづき) | トップページ | わかっている人がわからない人に教えるときに大切なこと »

コメント

 お久しぶりです♪
 お父様、研究されてる方だったんですね☆すごい、Wikepediaに出てるなんて!Satchyさんの真面目でひたむきさは、お父様譲りですね。そして、きっと(いや、絶対!)つっこみがおもろい方と推測します。(でしょ?でしょ?)
 うちのおやじ君は相当おもしろおやじです。迷言・珍言の宝庫です。でもって、それを一番受け継いでるのが私らしいです・・否定できません。
 

投稿: うらん | 2007年1月22日 (月) 23:35

お久しぶりです。^^あけましておめでとうございます。さっちーさんのお父様はすごい方なんですね。こちらは中級クラスにやっとあがって、今まさに作文の勉強をしているところです。言語が違うとはいえ、さっちーさんのブログ参考にさせていただきたいと思っております。そろそろこちらの大学に所属できるように動き出しているところです。早くさっちーさんのように国費をとって正規の学生となりたいものです。最近は少しはドイツ語しゃべれるようになってきたかな


こっちは大雪ですよ~~~~

投稿: のりーた | 2007年1月24日 (水) 08:19

【うらんちゃん】
わたしの高度なツッコミは,独学で身につけたもので遺伝的なものではないような気がします.(でました自画自賛)

うらんちゃんパパが「迷言・珍言の宝庫」だというのはとても興味深いです.これはオヤジギャグではないのですよね.(失礼しました)

うらんちゃんとこのご家族は明るくていつもとても楽しそうだね.


【のりーたさん】
お元気されてますか.ドイツでの新しい生活にはもう慣れてきましたか.

たった数ヶ月の間に中級クラスに上がったとはさすがのりーたさん!尊敬してしまいます.

大雪かぁ.年中暑いところにいると寒いところに行ってみたくなるし,四季がある国は情緒があっていいなと改めて思います.

体に気をつけて.寒さに負けないで頑張ってね.そして,ビール飲み過ぎないでね...

投稿: satchy | 2007年1月24日 (水) 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/13615137

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の父親の名前をWikipediaで見つけてしまった日:

« 要領よく仕事をし生活を楽しむ方法について考える(つづき) | トップページ | わかっている人がわからない人に教えるときに大切なこと »