« APAとMLAで大混乱を起こしている件について | トップページ | 2006秋学期終了 »

シラバス作成課題の結果.そして理論と実践について語る.

11月に書いたシラバスの評価が返ってきました.

200点満点をもらいました.outstandingというコメントつきだったのがうれしかったです...

授業で学んだ理論をframeworkにして教室活動を考えるというのは,とても難しかったけれど,大変よい勉強になりました.理論と実践の関連付けができてこそ,教える意味と学ぶ意味を見出すことができるのだと改めて実感した次第であります.

別のあるクラスでは,理論はやりたくなくてプラクティカルなことをしてほしいというニーズがあったからなのかアクティビティ中心の授業になってしまい,わたしは少々不満を感じていたわけですが,今回このシラバスを書くという課題を経験して,理論と実践の関連付けができるような活動が大学院の授業では大切だということを学びました.

プラクティカルなことは大学院の授業でどこまで取り入れる必要があるんでしょうね..そもそも,すぐに実践に生かせるものを「教えていただこう」という姿勢がわたしは気に入らないのですが...まずたくさん読んで理論をしっかり学び,それを骨組みにしてアクティビティを自分で考えるというのならまだいいですが,本も読まずに何かを吸収させていただこうという受け身的な姿勢はちょい甘すぎとちがいますか.大学院というところは教員養成学校ではないのである.

...

なんかすごいイヤ~なやつになってますな.

満点もらったとかいちいち報告してますし(このブログを備忘録にしようと考えているのです).

というか,今の生活の中でわたしを支えているものは学問を追求する喜びだけなのであり,わたしにとって200点満点をとったことは,年末ジャンボに当たったことに相当する大きな喜びなのであります.

(いやそうでもない.やっぱ年末ジャンボのほうがいいか.)

もし3億円があたったとしたらわたしは人生の方向性を変えるだろうか,と考えてみる.理論と実践がどうのこうのっていう世界からまったく解放されたらすごく楽になれるだろうなと思うけれど.

|

« APAとMLAで大混乱を起こしている件について | トップページ | 2006秋学期終了 »

コメント

三億円あったら…
多分都心に土地かマンション。。って
超現実的だなぁ。。。
多分人生のコースは変えないでしょう。。
SATCHYがんばれ~~

投稿: せつこ | 2006年12月16日 (土) 19:34

せつこさん,

わたしはシャープのヘルシオと圧力鍋を買うかな~.

(宝くじあたらんでも買えやーー)

東京に土地を買うなら吉祥寺がいいです.
新生銀行の隣のスタバに毎日行ける!

投稿: satchy | 2006年12月17日 (日) 05:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/13079386

この記事へのトラックバック一覧です: シラバス作成課題の結果.そして理論と実践について語る.:

« APAとMLAで大混乱を起こしている件について | トップページ | 2006秋学期終了 »