« シラバスを書く | トップページ | シラバスが書けない.そして錯視に悩む. »

アメリカにおけるSelf-help Bookについて語らせていただく

アメリカの本屋さんに行くと,Self-help Book (自己啓発の本)の種類の多さに驚きます.

アメリカ人というのは,体の不調には薬をのむように,心の不調にはこういったSelf-help Bookを読むのがいいと考えているのでしょうか.

サプリメントや市販薬がアメリカであれだけもてはやされているのも,Self-help Bookの種類の多さと関係があるのかもしれないですね.

31083921 日本では,数年前に,こちらのSelf-help Bookが人気だったような記憶があります.

「自分のパートナーは頭がどうかしてるんじゃないかと一度でも疑ったことのあるあなたは,この本の中に必ず答と指針を見つけることができる」のだそうです.

あほらしー

だいたい異性の心を100%分かろうとするのは不可能だとわたしは考えているのですけれどもどうなのでしょうか.わたしも大人になり,この点に関してはあきらめの境地に入っているわけです.しかし,分からないからこそ男性と女性は魅かれ合うのではないかと思ったりします.

それに,わたしの場合,自分でも自分がどういう人間なのかよくわからないのであります.なので,それを人様に分かってもらおうとするのはやはり不可能ではないかと思うのであります.変でしょうか...

Self-discovery(自己発見),Self-actualization(自己実現),Self-fashioning(自己形成)が人生の目標であります.

ちなみに,Self-rising というのは「ふくらし粉」という意味です.自分で自分を高め成長させられるのはすばらしいことだと思います.

|

« シラバスを書く | トップページ | シラバスが書けない.そして錯視に悩む. »

コメント

self-risingに一番興味がわきました。
所詮selfなんとかって格好よくいっても、ふくらし粉にはかなわないと思いました。

投稿: Hitomi | 2006年11月14日 (火) 05:04

【Hitomiさん】
おひさしぶりー.
おげんきですか.

self-rising,おもしろいですよね.何となくかっこよく聞こえるのですが(自己を高める..みたいな),意味はシンプルに「ふくらし粉」というのがよいですねぇ.

投稿: satchy | 2006年11月14日 (火) 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/12658280

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにおけるSelf-help Bookについて語らせていただく:

« シラバスを書く | トップページ | シラバスが書けない.そして錯視に悩む. »