« Eggs'n Thingsのパンケーキ | トップページ | アメリカにおけるSelf-help Bookについて語らせていただく »

シラバスを書く

Freshman Compositionのシラバスを書くというアサインメントが出されました.

しかし,シラバスの書き方がよく分からない.そして,自分がアメリカ人の大学生を教えるという状況が想像できない.

University of New Hampshire(UNH)のポール先生に相談にのっていただく.そして,UHNのFreshman Compositionのシラバスを参考のために送っていただく.

ポール先生のおかげでシラバスの書き方がわかった.提出まで一週間あるのでもう少し本を読んでアイデアを膨らませようと思います.

しかし,シラバスの書き方よりも,おいしいお味噌汁の作り方を学ぶ方が大事なのではないかとふと思いました.

何か自分がとてもつまらない人間のように思えてきました.

|

« Eggs'n Thingsのパンケーキ | トップページ | アメリカにおけるSelf-help Bookについて語らせていただく »

コメント

私はついつい部外者の人に言語学の話をして嫌がられた時に、
自分がつまらない者のように思えます。
そして、言語学が好きで、唯一自信が持てるものである事実が
どうしようもなく辛いところです。

投稿: satokotoko | 2006年11月11日 (土) 19:12

Satchyさんがどんなシラバスを作るか、興味津々です。良かったら、出来上がったら見せてくださ〜い。

僕が、100 levelのcompositionの授業を取った時は、
figurative writing, logic, editorial, proposal (persuasive writing), diagnostic writingなどをやりました。 みんな、ちゃんとやってこなかったりで、シラバスのスケジュール通りにはいかなかったのですが、かなりflexibleなやり方をしていた教授なので、無事、シラバスにあった内容はカバーできましたね。

そう言えば、一度、寮のユニットでイベントをやった時に、買い物で使える日本語を教えた事があるんですが、シラバスを真似して、ポスターを作ったことがあります。一体、どうしてそんな事をしたのだか、今では疑問です。

投稿: masaki | 2006年11月11日 (土) 21:10

最近よく読まさせて頂いてます。

社会に出て、ひたすらおいしいお味噌汁の作り方を学ぶように努めてきましたが、時折、シラバスを描く事ができない自分に気づいて悲しく思ったりします。

両方バランスよく出来るようにしたいものですね。

投稿: mar | 2006年11月13日 (月) 10:38

あれ、おいしいお味噌汁の作り方を送ったつもりだったけど、シラバスの書き方がいっちゃいましたか?おかしいな~。

投稿: ポール | 2006年11月14日 (火) 13:03

【satokotokoさん】
よくわかります.
つまらんやつやなーと思っても,なぜかやめる気にはならないのです.

【masakiさん】
ありがとうございます.
じゃ,完成したらお送りしましょうか.

ていうか,いらんよねー.

【marさん】
コメントどうもありがとうございます.

そうですね,わたしもそう思います.両方ともバランスよくできるようになりたいです.

【ポール先生】
どうもすみませんでした..

ちょっと読みが足りなかったかな...

がんばります!

投稿: satchy | 2006年11月14日 (火) 15:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/12644731

この記事へのトラックバック一覧です: シラバスを書く:

« Eggs'n Thingsのパンケーキ | トップページ | アメリカにおけるSelf-help Bookについて語らせていただく »