« 一周年を記念し"Past is made through language"という言葉について語らせていただく | トップページ | 簡単なことをわざわざ難しく言っているように感じる件について »

教室で学ぶ美しい英語表現

(  )内の日本語に合うような単語を空所に入れる問題があったとします. (予備校の先生ぽいですが)

1. The data         the ethical problems regarding online sources. (そのデータはオンラインソースの倫理上の問題点を明らかにしている

2. My study abroad experience will serve as a           for making myself a better person. (海外留学経験は自分の成長のきっかけとなってくれるだろう)

みなさんならどんな単語を使いますか. (日本語訳がへぼくてスミマセン)

*********

語学留学に来たわけではないのですけれども,アメリカ人学生と一緒に授業を受けていると,とてもためになる英語表現を学ぶことができます.

とくに私が所属しているEnglish Departmentは,ライターとか国語の先生を目指している人が集まるところですから,「ことば」にこだわりを持った学生が多いように思います.

もちろん学生によって差はあるのですけれども,美しい英語表現を使うアメリカ人として,わたしが目をつけているのは,小説家のトム,そして同じく小説家のデイビッド,デシィ,そして,若手のガヴィン,この四人. (勝手に目をつけさせていただく)

授業中,この四人のうちどれかがしゃべりだすと,いつもにも増して集中力を高め,どんなことばを使っているか分析するようにしています.(肝心の中身を聞き取らないといけないのですが)

わたしは,理解語彙と使用語彙の差が大きい人なので,知っていることばが実際にアメリカ人によって使われる場に遭遇するととてもうれしくなってしまいます. そして,「よっしゃマネして明日から使うぞ」と思うのです.

たとえば,上の問題の1. 「明らかにする」と言いたい時,わたしはたいてい,"clarify"とか"underscore"とか"highlight"とか"elucidate"なんかを使います. でも,ガヴィンは次のように言っていました.

The data further illuminate the ethical problems regarding online sources.

"illuminate"は,イルミネーションの動詞形だから「光をあてる」というのがもともとの意味.確かに光を当てるということは,問題点などを浮き彫りにする,といえるわけですね. 何か美しいこの単語...さすがガヴィン! この強調の"further"もすきです.

そして問題2. 小説家のデシィは次のように言っていました.

My study abroad experience will serve as a springboard for making myself a better person.

"springboard"というのは,水泳の「飛び板」というのがもともとの意味. このように,次のステップにつなげるための踏み台(=きっかけ)という意味で使えるわけですね. 何かドカーンと飛び跳ねる感じが出ていてとても力強くてかっこいい単語だと思う. さすがデシィ! 

...英語オタクのひとりごとみたいになってしまいました.

ビジネス,学会,そして論文を書く際に,この表現がお役に立ちそうでしょうか.

|

« 一周年を記念し"Past is made through language"という言葉について語らせていただく | トップページ | 簡単なことをわざわざ難しく言っているように感じる件について »

コメント

お久しぶりです。海外生活に入られて慣れてきましたでしょうか?

今日の英語表現の穴埋めは日本語の範疇で考えてしまい答えを見て「えー、そんな言い回しがあるなんて驚き!」といかに私のこれまでの勉強が不足してるか思い知らされました。

大学時代のアメリカ研修旅行のて4週間で習った表現は Thank you for patients.?だったかなと思いますが「お待たせしました」、

according to your taste 「お好みに合わせて」‥刺身醤油にわさびどの位入れるかという時の言い回しらしい 

あとは May I ? 日本語で言うなら「そこ(席は)空いてますか?」

辞書にも載ってない表現は現地でないとなかなか覚えられませんがsatchyさんのブログで新しい発見ありがとうございます。

日本で精進して長い目で英語の勉強私も頑張ります。satchyさん、お体には十分気をつけてハードでしょうが是非初期の目標達成されて下さい。遠くからですがずっと応援しています。

※でたらめなどこかでかじって覚えた英語を偉そうにごめんなさい。間違いだったら心からお詫び申し上げます。

投稿: 里やん | 2006年10月11日 (水) 20:21

なるほど~「とてもイメージのわく表現」ですね。
中国語でいうと「特別形象」。勉強になりました。

投稿: Hitomi | 2006年10月11日 (水) 22:07

いただき!
その表現、いただきです。英語オタクではありませんが(どちらかというと英語ギライですが)、その表現が大好きですね。同じ事を言うにも、言い方によってここまで違うのかと思うくらいですね。個人的にもっと知りたいので「美しい表現集」をメールででも送ってください(Ha ha)。

でも、こういうことを日本人である僕が無理にやろうとすると、ネイティブに分かってもらえないことがありました。Creative Writingのクラスでの話です。例えば…日本語の「そっくり」を表現するときに「鏡にうつしたようだ…」というような表現を使いますが、これを英語にそのまま言い換えると、理解してもらえませんでした。この「鏡=そっくり・同じものを映し出す」という感覚・クオリアがアメリカ人の脳の中には無いのかもしれません(と、茂木健一郎さん風に言ってみる)。
でも、英語表現は日本語表現には無い面白さがありますね。

投稿: Tekkan | 2006年10月12日 (木) 00:28

思わずメモしちゃいました…
もっと教えてください!!!

投稿: w | 2006年10月12日 (木) 07:36

自分で「ここには何を入れたらいいだろうか」と迷う場合、Googleの検索欄に引用府でくくって "data * the problems" と入れたり、"data should * the problems" と入れたりして遊んでいます。また、ちゃんとした英語であることを求めたい場合は、site:edu とか site:ac.uk で絞ったりもします。とっくにご存じでしょうが、ともかく英作文にGoogleは不可欠だと感じています。他面、おっしゃるように人の口から出たものを聞くというのは、おそらくリズムに乗っているからでしょうが、何か頭に残るので、やはりGoogleからは得難いものがあります。すとんと落ちますよね。うらやましい環境にいらっしゃると思いました。

投稿: 日向清人 | 2006年10月12日 (木) 08:19

【里やんさん】
お久しぶりです.お元気されてますか.

お役に立てたのならうれしいです.その後,英語のお勉強は順調に進んでいますか.

またおもしろい語彙をしいれたらアップしまーす.

【Hitomiさん】
こんにちは.

「イメージのわく表現」は中国語で「特別形象」というのですね.なんて発音するんだろう.Hitomiさんは中国語は自然習得なのですか?


【Tekkanさん】
いただいてください!
"illuminate"は使う場がたくさんありそうだよね.

「そっくり映し出す」は英語でもmirrorを使ったりするけどね.

うん,英語表現はおもしろいなぁとハワイ大学に来て改めて思いました.

【wさん】
お役に立ててうれしいです.

また面白い語彙をしいれたらアップしますね.

【日向先生】
論文を書いていると,どの語彙がもっとも適切かで頭をかかえることが多いです.先生はgoogleを活用されていらっしゃるのですね.今の時代,googleは欠かせないツールだということは知りつつ,自分はまだまだ使いこなせていない気がします.

人から聞いたものは確かに頭に残りますね.そして,ブログでもう一度まとめてみることで,さらに知識がinternalizeされる気がします.

英語は,どこまでいってもgoalがないですね.学問すべてにいえることではありますが.

投稿: satchy | 2006年10月14日 (土) 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/12240793

この記事へのトラックバック一覧です: 教室で学ぶ美しい英語表現:

» イルミ [イルミネーション]
イルミネーションのきれいな季節になりました! [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 11:53

» 英語 勉強 方法を教えます!本物の実用英語 [英語 勉強 方法を教えます!本物の実用英語]
こんばんは、いつも拝見させていただいています、私もこのようなサイトを立ち上げました。ご訪問者さまにとってもきっとお役に立つ情報だと自負しております。ぜひご訪問くださいませ。以上今後ともよろしくお願いいたします。... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 20:01

« 一周年を記念し"Past is made through language"という言葉について語らせていただく | トップページ | 簡単なことをわざわざ難しく言っているように感じる件について »