« 自分の問題に多くの人を巻き込んでしまうことについて | トップページ | 「性格判断」を通して自分を見つめ直す »

頭痛が治らない原因について考えてみる

Trees_003 ハワイに来てから,慢性の頭痛に悩まされるようになりました.

具体的には側頭葉のあたりが痛い. ズッキンズッキンと響くような痛みがある. 

プレゼンなど大きなプレッシャーがのしかかってくるようなときは,痛みがひどくなって血管が切れそうになる.

なぜこんなことになってしまったのでしょうか. 頭痛を引き起こしている要因としては以下の五つが考えられます.

  1. アタマの使いすぎ
  2. 寝不足
  3. 毎日暑い
  4. 偏った食事
  5. お風呂に入れない

おそらく,1の「アタマの使いすぎ」がもっとも決定的な要因であるように思われます. 寝ているときとごはんを食べているとき以外はずっと勉強していますから. しかし,アタマを使わずして学問を追求することは不可能なわけでありますから,使いすぎて疲れ果てたアタマをいかにして休ませるかが,次に考えるべくポイントになってくるわけであります. 

そこで,2~5を見てみますと,おそらく5の「お風呂に入れない」を一時的にでも改善することが,アタマイタを治すのに最も効果を発揮してくれそうに思われます. 

お風呂は大好きです. 日本にいたとき,毎晩あたたかいお湯につかれていたことが夢のようです. 今住んでいるアパートにはシャワールームしかないので,ほんとにクタクタになって帰ってきたときなどは,ちょっとつらい.

ここ数日,疲れがピークに達してきてアタマイタがひどくなってきています. あたたかいお湯に(43度くらいがベスト)ゆっくりつかりたいのですけれども,どうしたらいいでしょうか.

気がついたら"Hawaii Hotel Directory"のページに行き着いていました. お風呂につかるためにワイキキのホテルに宿泊する人はちょっと変な人のような気もするのですが,あまりにしんどくなってきたので,どうしても43度のお湯につかりたいのです.

予約のボタンをクリックするか検討中... 

Sunset_2_003Sunset_2_004Sunset_2_005Sunset_2_006    頭は痛いけど,水平線に沈む夕日を見てとてもきれいだと思った.

|

« 自分の問題に多くの人を巻き込んでしまうことについて | トップページ | 「性格判断」を通して自分を見つめ直す »

コメント

先月頃から、ほぼ毎日、ぼくは頭痛に悩まされてます。で、最近、これが原因じゃないかなって思い始めたのは、ベッドのマットレスと枕の組み合わせです。日本に帰ってきてから、しばし、背中が凝っている感じが続いていて、このせいで、変に神経が圧迫されていて、頭痛が起きているんじゃないかと。で、最近、マットレスを変えてみたら、多少は頭痛の頻度が少なくなったんですよね。大学に復帰してからも続くと困るので、トロントに戻る前に、一度、お医者さんに見てもらうかとは思ってます。

頭痛というものは、本当に厄介なものですよね。はやく、satchyさんの頭痛も、落ち着くように祈っています。

投稿: masaki | 2006年10月27日 (金) 22:21

大丈夫ですか?たまには自分をいたわってあげてくださいね。先日買ったポストカードにはこんな言葉が…。"Idleness is the art of taking it easy before you just get too tired."

症状からすると、それはおそらく偏頭痛というやつですね。お医者さんに治療してもらうこともできますよ。(ハワイではわからないけれど、日本では偏頭痛で医者にかかるのは珍しいことではないです。)

そのクリックちょっとストップ!!
個人的にはお風呂は薦めません。もし偏頭痛だとすると、頭は温めるより冷やすべきです。偏頭痛は心身にかかった負荷のせいで血管が拡張することによって起こります。なので、温めるとますます拡張を助長して頭痛を長引かせる可能性があります。氷枕などはどうでしょうか??

それから要因の⑥番目として「姿勢」はどうでしょうか??「姿勢と健康」という授業で姿勢を意識するようになって以来、頭痛が減ったので、紹介します。

机に向かう時間が長いということは下を向いている時間が長いということです。これは背骨に大きな負担をかけます。長時間の背骨への負担は頭痛だけでなく、腰痛、肩こり、生理痛なども引き起こすことがあります。長年負担をかけたままでいると背骨が曲がり、頭痛が生涯の友となってしまうこともあります。(もっとも良くないのは足組みです。足組みは背骨を前後にまげるだけでなく、左右の歪みの原因にもなります。反対に、もっとも良いのは正座です。背骨の本来の形を無意識につくることができます。)

とはいえ、Satchy先生の場合、机に向かうのが職業ですので、それをやめるわけにはいかないでしょう。でも、大丈夫です!後ろへ体を反らすストレッチをすれば背骨への負荷を+-ゼロにすることができます。

1. 両手を後ろで組む。(手のひらが上にくるように。)
2.ひじは曲げない。腕はピンとのばし、できるだけ肩の骨が後ろへ引っ張られるように、組んだ手を遠くにのばす。
3.手はそのままで、首をうんと後ろにそらす(背骨は使わず、あごをあげるような感じで。)この状態を3秒間保つ。
4.一度に1~3を5回繰り返す(=1セット)。一日10セットが望ましい。

きっと気持ちよいので、お試しください。

※参考に、http://www.shesmile.net/naoshitai/check/index.html

投稿: w | 2006年10月28日 (土) 07:21

Satchy♪さん、o(゚ー゚*o)(ノ*゚ー゚)ノこんにちわ~
大丈夫ですか~心配です。
私もよくその拍動性の頭痛に若い頃なりました。
そんな時、お風呂に(なるだけ低い温度の)入ると
上がってきたら治まってたりしましたよ。↑の方は
反対のようですが、試してみるのもいいかもです。
一番の原因はやはり勉強のしすぎ!するな~と言ってもしないといけない立場、目の使いすぎからも頭が痛くなりますよ~
ホテルのバスタブが特効薬だったりして~
くれぐれも無理しないで下さいね。

投稿: OWL | 2006年10月28日 (土) 12:13

satchy先生、こんばんは。
小生も仕事のし過ぎなのか、「しんどい時」があります。最近は学校へ行く度に仕事が降ってくるような・・・研究三昧の日々を送られている先生を羨ましく思っています。。。

ところで参考になればと思い、小生なりの「しんどい時」の対処法を書き込ませていただきます。

1 美味しいものを食べる(例のカレー屋さんです)
2 休日出勤に対しては自分へのご褒美を用意する(コンビニのプリンが多い)
3 人と話す(学校の守衛さんです)
4 犬に癒される(毎晩守衛さんのところにやってくるシェパード犬やOWLさん家のOLIVE)
5 研究室で大声を出す(良い子はマネしないでください)

やっぱり・・・参考にならないと思います。すみません。

投稿: 鹿太郎 | 2006年10月28日 (土) 21:09

【masakiさん】
なるほど.枕を変えてみようかなと思いました.アドバイスありがとうございます!

トロントは来月からですか?楽しみですね.

【wさん】
丁寧なアドバイス,本当にありがとう!
ストレッチやってみますね.

【OWLさん】
週末,ホテルを予約してお風呂入ってきました.
やっぱり日本人にお風呂は必要ですねー.
ここでの生活がきつくなってきました.

【鹿太郎せんせい】
そうですね,研究だけができる今の生活に感謝しなければいけませんね.
でも,今のところ研究というか授業の課題だけで終わっているのが苦しいところです.

1~5のアドバイス,どれもとても参考になりました.特に4は一番効果があるかなぁー.ワンちゃんはとにかくかわいいです.
5もいつかやってみたいです★
ありがとうございました.

投稿: satchy | 2006年11月 1日 (水) 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/12450568

この記事へのトラックバック一覧です: 頭痛が治らない原因について考えてみる:

« 自分の問題に多くの人を巻き込んでしまうことについて | トップページ | 「性格判断」を通して自分を見つめ直す »