« "Think Rich, Look Poor"という言葉について語らせていただく | トップページ | 頭痛が治らない原因について考えてみる »

自分の問題に多くの人を巻き込んでしまうことについて

大学を変更する件について,フルブライト・サンフランシスコ事務局(正式にはInstitute of International Education (IIE))のTom Koerber氏と電話で話す. 

フルブライトがスポンサーになってくれている限り,IIEの許可が下りないと勝手に大学を変えることはできない. 

Tom Koerber氏は,とても親身になって話を聞いてくれる人だった. 研究の方向性がプログラムの内容と合っていないというわたしの訴えに全面的に理解を示してくれた. 

ただ,行動を起こすにはone more stepがあるらしく,次はニューヨークのIIE本部の幹部の許可をもらう必要がある. 来週末までにKoerber氏が手続きを行ってくれるとのこと. 来週の金曜日にまた電話で打ち合わせをする約束をし,電話を切る. 

サンフランシスコやらニューヨークやら何かおおごとになってきてもたなー...と反省する. 自分の問題に第三者を巻き込んでしまうのは本当に心苦しい.

IIEのスタッフだけではない.ハワイ大SLS DeparmentのOrtega先生にも迷惑をかけてしまっている. わたしはSLS所属ではないにもかかわらず,もし大学を変わるのであれば全面的にサポートすると言ってくれている. 今学期の授業で知り合ったばかりなのに推薦状まで書いてくれるというのだ. 

大学を変わる場合は推薦状が何通か必要になるので,Ortega先生の他にも,多くの先生方を巻き込んでしまうことになる. 本当に心苦しい. 細かいことだけど,日本にいる先生方には推薦状を送ってもらうための送料をどうしようかとか,切手はこっちでは用意できないなとかいろいろ気にしてしまう.

わたしがやろうとしていることは,こんなに多くの人を巻き込んでまで果たさなければならないものなのだろうかと思ったりもする. 

いったいアンタは何歳なんや?社会人として働いていなければならない年齢のはずが,大学を変えるとか何を言うてるんや?という思いもよぎる.

でも勉強がしたいし研究がしたい. PhDを取って日本に帰りたい. 日本の大学で教えたい.

でも自分の目標のために第三者を巻き込まなければならないのはつらい. 

ちょっとしんどくなってきました. どうしたらいいのでしょうか.

|

« "Think Rich, Look Poor"という言葉について語らせていただく | トップページ | 頭痛が治らない原因について考えてみる »

コメント

SATCHYさん、読んでて心が苦しくなってきた。。
いいんだよ!甘えてしまいなさい!
そんな前向きなことに、心から応援しない教員がいるとは
考えられない。
巻き込んでる、なんて思わなくていいよ!
郵便代、なんて甘えてしまいなさい!

SATCHYさんがいつの日か目的を完遂すること以外に
彼らの恩に報いる方法がありえましょうか。
それだけ考えてたらいいですよ!

いつかSATCHYさんが大学の教員になって、思い切り
学生に還元できる日が来ます。すぐ来ます。

投稿: せつこ | 2006年10月26日 (木) 17:44

"Pay it forward" です!

投稿: yuki | 2006年10月26日 (木) 19:55

satchyさん、自分の問題に人を巻き込む、というのは本当に心苦しいものですよね。でもフルブライト関係の人や大学の先生方の中で全面的に理解してくれてサポートすると言ってくれてる人たちは、巻き込まれて困る、とかやっかいだ、なんてたぶん思ってないでしょう?むしろ今のsatchyさんのような状況を人生の中で経験されたりしてきて、だからこそ気持ちがわかり自分の問題として動こうとされてるように感じます。きっとその人たちにとって、satchyさんがもやもやとした状況のままやり過ごすのを見るより前向きに方向転換する手助けをする方が何倍もハッピーなんじゃないかと思うんです。前向きな人のことは応援したくなるものだと思うんです。

投稿: akiko | 2006年10月26日 (木) 22:30

もしSatchyさんが教授で、そのような問題で苦しんでいる学生がいたら絶対親身になって助けてあげるはず。切手代だって別にいとわないはず。

私もドイツに来て色んな人に助けていただいています。その人はとても優秀な人で、年上で、恩返しをしたいと思っても彼女の周りには有力な人やセレブな人ばかりなので、私のような貧乏学生が何かをすることでお返しできるとも思えません。そのことについてもやもや思うこともありました。

でも今は、その人に受けた恩は今度違う人に返そうと思っています。

こちらは来週学校が始まります。
お互い頑張りましょう。

投稿: のりーた | 2006年10月27日 (金) 04:08

>自分の目標のために第三者を巻き込まなければならないのはつらい
satchyさんの人に対する優しさが、そういう気持ちにさせるのでしょうね。
でも、目標に向かって進んでいきましょうよ。

>研究の方向性がプログラムの内容と合っていない
この現実が、方向転換の理由なのだから。。
決して個人的なわがままではありません。
みんなの応援したいという行動は、
ありがたくいただいてしまいましょう。
今掲げている目標を達成することに
全力を・・。。
ガンバってくださいね。

投稿: nepcom | 2006年10月27日 (金) 08:49

【せつこさん】
ありがとうございます.
せつこさんにそう言っていただけるととても励みになります.
いつの日か学生さんに還元できる日がきますように...
がんばります.

【Yukiさん】
ありがとうございます.
何とかここでやってみようと思っていましたが,Fall 2007, Spring 2008オファーされる科目リストを見て,ちょっとここでは厳しいなと思いました.critical pedagogy, feminism, literary study, rhetoric...などのバックグラウンドがなく,humanistic approachを好むところなので,ここで博論を書くのは難しいなと...

また落ち着きましたら話を聞いてください!

【akikoさん】
メッセージをありがとう!
akikoさんのおっしゃるように,周りの先生方はご自分たちも同じような経験をされてきているので,私の置かれた状況を十分理解してくださっています.推薦状は面倒くさいものだと思うのだけれども,喜んで書くよと言ってくださっていて,甘えていいのかなーと思いつつ,巻きこんでしまうのが心苦しかったり.
でも,先生方に報いられるように目標を果たすことが一番大事かもしれないですね...
いつも応援してくれてありがとう!

【のりーたさん】
お元気されてますか.
どうされてるかなと思っていました.

そうですね,いつの日か,同じような状況に置かれて誰かの力を必要としている人を助けることができればいいなと思うし,それが先生方に報いることにもつながるのかなと思います.

いつも応援してくださってありがとう.

いよいよ授業が始まるのですね.
お話お聞きできるのをたのしみにしていますね.

【nepcomさん】
日本に戻ってこられたのですね.
おかえりなさい!
MEL報告,楽しく拝見させていただきました.

「個人的なわがままではない」とnepcomさんに言っていただけたのがうれしかったです.

来年に向けて,全力で出来る限りのことをやろうと思います.がんばります.

ありがとうございました.

投稿: satchy | 2006年10月29日 (日) 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/12437073

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の問題に多くの人を巻き込んでしまうことについて:

« "Think Rich, Look Poor"という言葉について語らせていただく | トップページ | 頭痛が治らない原因について考えてみる »