« プレゼンの後の拍手の意味について考えてみる | トップページ | ぽっかり開いてしまった心の穴を埋める方法について考える »

いつバスが来るのかわからないバス停で友達をつくる

Clifford_008 先日,アラモアナのバス停で,来ないバスを1時間待つという出来事がありました.

ハワイのバスはいつ来るのかわかりません. 一応,タイムテーブルがあるのですけれども,あてになりません. 早くに出てしまったり,遅れてきたり,あまりに遅れすぎて2台が一度にやってきたり,いーかげんさもここまでくるとあっぱれだ,とある意味感心してしまいます. 

Basspass 正確には1時間半近く待って (←十分歩いて帰れたはず),もう限界!と思い始めたときに,隣にいた男の子が,「もしUHまで帰るんだったらCABをシェアしない?」と声をかけてくれました. もうめっちゃナイス・タイミングで,たいへんありがたかった. そして,この男の子が,ジョージ君というのだけれども,これまためちゃくちゃいい人で,CABの中で自己紹介などをしているうちに話が盛り上がり,また会いましょうということになった. 

(ん?これはナンパではないんだよな. そうだよな. わたしはもうナンパされるような年齢ではないもんな... と一応心配してみる) 

Saturday_010今日,そのジョージくんとParadise Palmというキャンパスのカフェでおしゃべりしてきました. なんでこんなに仲良くなったのかというと,彼が日系2世で,お父さんが何とsatchyと同じ神戸市須磨区の出身だということがあったからです.What a small world !!

(そう,だからこれはナンパではないのだ. ...しつこいですか.) 

ジョージは日本語は話さないのだけれども,日本の血が流れているだけあって,話す英語がとてもソフトで優しく聞こえた. なんか日本人としゃべっているみたいな気がした. ハワイ生まれ,ミズーリ州育ちらしいのだけれども,全然アメリカンしてない. 環境はアメリカでも,日本人としてのアイデンティティを維持している,大変興味深い例を見ることができたと思った. satchyは,めっちゃアメリカーンって感じで,Rを必要以上に響かせてリズミカルな英語を話すアメリカ人男性がどうも苦手なので,ジョージのような品のよい友達ができたことは,とても幸せなことだと思った.

こんなふうに友達ができるなんて,「いつバスが来るか分からないバス停」も,ときにはいいことをしてくれるものだ. あきらめずに1時間半ねばってよかったと思った.

|

« プレゼンの後の拍手の意味について考えてみる | トップページ | ぽっかり開いてしまった心の穴を埋める方法について考える »

コメント

うらんです!思いがけず友達ができちゃうなんて、良かったですね!長時間待った甲斐あり、ですね!へえ、日系の人だったんですね!
 なんだか、こういう小さな出会いがどんなに嬉しいか、なんっていうか、心強いか。出会いの不思議に感謝するっていうか・・そんな気持ちじゃないですか?私もトルコで色んな出会いに励まされたりしました。
 あ、でもナンパされても全然おかしくないですよ。それは、無用の謙遜ってやつです!きれ~な人が無自覚でいちゃ、おえんよ~みたいな。
 私前回ホノルル滞在時に、アラモアナからバスにのって、ノースショアに友達訪ねて行きました。いっくら乗っても同じ料金って、それでいいの?って感じでしたけど、楽しかったですよ。ちょっとお尻痛かったけど。ポリネシアン文化センターも行きました。もうす・て・き!なダンスが見れます。お勧めです。
 

投稿: | 2006年9月21日 (木) 01:01

【うらんさん】
そうですか,じゃ,やっぱりナンパだったのかしら.

バスはオアフ島で唯一の交通機関なので,すっかり頼り切っています.bas passも1ヶ月40ドルでとてもお得だと思う.わたしは田舎には住めない人なので(ということがここに来てよく分かった),授業が終わったらよくマノアから脱出して,アラモアナやワイキキのカフェで勉強してます.

うらんさんはハワイがとてもよく似合うと思います.あそびにきてー

投稿: satchy | 2006年9月22日 (金) 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/11971759

この記事へのトラックバック一覧です: いつバスが来るのかわからないバス停で友達をつくる:

« プレゼンの後の拍手の意味について考えてみる | トップページ | ぽっかり開いてしまった心の穴を埋める方法について考える »