« ALOHA from Hawaii | トップページ | 小説家の友達ができた日 »

授業スタート

授業がはじまりました.

アメリカの大学院では,最初の2年間は,ドクターの学生も授業をとらなくてはいけません. ハワイ大学では(←どこの大学もそうかもしれないですが),最初の4セメスター(2年)で21単位を取らないといけないことになっています. 1科目が3単位なので,7科目をとらないといけないということです. そして3年目に,Area ExamsとOral Examsを受け,qualifyされたらDissertationの準備を始めることになります.

長い道のりやなーとしみじみ...

satchyは毎セメスター3科目をとり,3セメスター(1.5年)でコースワークを終えて,できるだけ早くDissertationに取りかかりたいと思っているのですが,うまくいくかどうか...

昨日は,Department of Second Language Studies (SLS) という学部でofferされている"Second Language Writing"という授業に出てきました. テキストは Casanave (2004)のControversies in Second Language Writing: Dilemmas and Decisions in Research and Instruction  これは日本ですでに読んでいて,とてもいい本だと思っていたので,授業で使ってもらえるなんてありがたいと思った.

これに加えてリーディング・パケットがあり,テキストと交互に読んでいくらしい. さすがアメリカの大学は,コース・シラバスが綿密にできていて,Week 1はこれ,Week 2はこれ,ってな感じで,スケジュールがあらかじめキッチリ決められている. シラバスを書いたことはまだないのでよくわからないのだけれども,自分が教えた経験からいうと,予定していたことをそのとおり終えられたことというのはとても少なかった気がするので,最初からWeek 1からWeek 15までの予定をキッチリ決めているというのはとてもすごいことだと思った. 

週二回の授業で毎回アサインメントがあるのだけれども,ただテキストやアーティクルを読むだけではなく,Reflection Paperといって,読んだ内容についてresponseするエッセイを2-3枚書かなければいけないことになっている. そして,次の授業では書いてきたエッセイをクラスメイトと交換し,コメントしあう.その後,クラス・ディスカッションへ移る.

読んでくるだけではなく読んだ内容について書いてくるというのは,とてもいいやり方だと思った. 学生をさぼらせないという効果があるし,何より,書くことによって,ぼんやりしていた思考がクリアになる. satchyは書くことが好きだし,書いたものがあれば,ディスカッションにも参加しやすくなるので,このやり方はほんとにありがたいと思った.

しかし,他の授業でも毎回これくらいのアサインメントがあるのだと思うと,ちょっと恐ろしい気がします... この一週間で走り回ったせいですっかり小麦色の肌になってますが,そのうち,明るい日差しが恋しい生活になるのかもしれません. 

担当のProf. Ortegaさんは,まだ若手でとてもかわいらしい先生. あのNorrisの奥さまらしい. 第一回目のアサインメントはご自分の書いた論文を読んでこいとのことでした. EFL contextにおけるL2 writing researchの意義についてまとめたもので,特に日本で教えておられる先生方には興味をもってもらえるかもしれません. 以下のURLからダウンロードできますのでよければ読んでみてください. 韓国のジャーナルみたいです.

Ortega, L. (2004). L2 writing research in EFL contexts: Some challenges and opportunities for EFL researchers. Applied Linguistics Association for Korea Newsletter. Available at http://www.alak.or.kr/

↓Casanave, C.P. (2004). Controversies in Second Language Writing: Dilemmas and Decisions in Research and Instruction.

Controversies in Second Language Writing: Dilemmas and Decisions in Research and Instruction (The Michigan Series on Teaching Multilingual Writers)

|

« ALOHA from Hawaii | トップページ | 小説家の友達ができた日 »

コメント

satchy先生、こんばんは。
ハワイに無事到着され、いよいよ授業開始ですか!臨場感がひしひしと伝わってきて、まるで自分が留学しているかのようにも感じたりしています。

健康に十分留意され、ハワイ生活を充実させてください!このブログによって小生も大いなる刺激を受けています。感謝申し上げます!!

投稿: 鹿太郎 | 2006年8月24日 (木) 22:05

【鹿太郎せんせい】
ありがとうございます.
ネイティブばかりのクラスに放り込まれて,かなり厳しいものを感じてます.自分は勉強が好きだと思っていたけれど,初めて勉強がきついと思いました.

投稿: satchy | 2006年8月25日 (金) 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業スタート:

« ALOHA from Hawaii | トップページ | 小説家の友達ができた日 »