« 神戸に帰る日 | トップページ | 国立でフレンチな夜 »

集団をまとめることの難しさについて

みなさんは、どうしても納得のいかない事態に直面して、抑えていた怒りがピークに達したときに、どのように対処されているのでしょうか。。。 satchyはちょっと困ってます。なので、申し訳ないのですが、今日はこの場を借りて、ドカーンっと爆発させていただきます。。。

ここ数年で、折に触れ直面した問題の一つに、「集団をまとめることがいかに難しいか」ということがある。 一つの集団に10人の構成員がいたとしたら、極言すれば、10個の異なる物の見方や価値観が存在する、と言っていいかもしれない。 人間というのは、どうしたって、自分の枠組みで物事を理解したいものなのだと思う。 このように異なる価値観をもつ個人で成り立つ集団をまとめるために、リーダーとなる人間にはどのような資質が求められるのだろうか。

これと関連して直面した問題に、「下の人間をどう使うか」ということがある。 上に立つ人間は、異なる価値観を持つ個人をうまく統合して、集団に同調させるために、下の人間をどのように扱うべきなのだろうか。

方法としては、二つあると思う。一つは、リーダーが自ら指示を下して構成員を統治していく、いわゆる「直接統治型」といわれるものである。 ここでは、構成員である個人は、リーダーの「上から下」への指示に直接従う形となる。 そして、もう一つは、リーダーが、構成員による集団自治活動を許し、構成員である個人の意見を尊重しながら集団をまとめていく、「間接統治型」である。 ここでは、教育的な配慮から、リーダーは構成員による自治活動にはなるべく介入せず、背後からそっと統治を誘導する形をとる。

「直接統治」と「間接統治」のどちらが理想的なのだろうか。 あまりに権威的になって、個人の意思がまったく尊重されないような状況は望ましいとはいえない。 しかし、あまりに個人の意思が尊重されすぎると、収拾がつかなくなってしまうこともあるだろう。 この二つのアプローチをうまく融合して、ちょうど中間をとるのがもっとも理想的なのだろう。 しかし、それは簡単なことではないと思う。 何年後かに自分がリーダーという立場になって、下の人間をまとめなければいけなくなったとき、果たして、自分は「直接統治」と「間接統治」を融合したほどよいアプローチで、下の人間をまとめて皆でproductiveな仕事をしていけるのだろうか。

satchyは、この両極端な状況を二つとも経験したことがある。 「直接統治」は、将軍様を常に崇めなければいけないため、毎日息が詰まりそうだった。 正義を貫いてスパイ扱いされたこともあった。 そして、「間接統治」は、構成員それぞれが好きなことを言ってるだけで何も生産的な議論が生まれない状況に、イライラが募るばかりだった。 ある程度は、リーダーが決断を下して、下の人間に指示を出してほしいと思った。 本来、巻き込むべきでない問題に下の人間を巻き込み、satchyの自尊心が大いに傷つけられたこともあった。 satchyを飛び越して、下の人間に仕事が回ってしまうことが理解できないこともあった。 少なくとも英語教育に人生をかけている人間に対して、「英語は外人に頼めばいい」なんていうのは、最大限の侮辱であり、satchyのプロ意識を大いに傷つけるものであって、どうしても納得がいかん!と。。。

このような経験を通して、「良いリーダーとは」という問題について、考えるようになったのです。 そして、「集団をまとめるというのは本当に難しい」と。。。 直接統治も間接統治も、あまりに程度が極端になると集団は機能しない(まとまらない)ことを学んだ。 それは、「人の使い方」に、何かしらの問題があるからだと思う。 個人が集団の中で自分が存在する意味を見出せなくて、一体、集団として何を生み出せるというのだろう。 また、「ポジション」というのは、その人のそれまでの経験や築き上げてきた能力を反映しており、そのポジションに見合った仕事内容が割り振られるべきだとも思う。 個人が集団の中で誇りを持って働けない状態で、果たして、集団はより質の高い集団へと成長を遂げることができるのだろうか。

本来なら自分がやるべきだった仕事が与えられなかったのは、satchyの能力が認められなかったからだ、といわれてしまえばそれまでなのだけれども、それでも、やってみなければ分からないではないか、と思うのだ。 そのような機会を与えずに、どのようにして人を育てられるのか。 リーダーは、人をうまく使うとともに、人の能力を伸ばしていく役割をも担っているのではないか、と思うのだ。

そんなこんなで、ちょっと怒りを感じている今日この頃なのですけれども、この怒りを、どこにぶつければいいのでしょーか。。。 こんなことで怒りを感じているワタクシは大人げないでしょうか。 自分がリーダーになったときに、部下を同じ思いで苦しめることがないようにすればいいだけのことでしょうか。 なんかね、マジメに物事考えるほど、バカを見るような気もしてます。 適当にヘラヘラーって仕事してるのが一番ラクなんちゃうかって思うこともあります。 

もうこんなときは、このサイトに行って励ましてもらうしかない! 元プロテニスプレーヤー、松岡修三さんが、励ましの言葉をかけてくれます。まずは、「悔しい思いをしているあなたに。。。」をクリックじゃーい。

2005_07130001

そして、スタバのシナモンロール&アイストールラテを食べに走るのだ。これさえあれば、ごきげんになれるsatchyでした。(←安上がりなヤツじゃ)

|

« 神戸に帰る日 | トップページ | 国立でフレンチな夜 »

コメント

リーダーについて、私も考えたことがあります。


①良いリーダーは、自分が『間接統治型』(なめられても、最後まで組織に尽くせる人)と『直接統治型』(憎まれても、皆に厳しいことを言える人)のどちらに偏りがちかを客観的に知っている。

②良いリーダーは、自分に無い方の『型』を得意とする人を見抜き、ちゃっかりサブリーダーにおく。

③良いリーダーは、早めに仕事ふりやプロジェクトの予定を細かくたててメンバーに伝える。(=最初の草案を出す)そこで初めて、意見を聞く。

④良いリーダーは、メンバーのどんな下手な仕事もしたこと自体を認める態度を忘れない。叱るのもその後。


という事を集団生活で感じました。

投稿: w | 2006年7月14日 (金) 02:57

リーダーの役割は学級委員で体験しましたが、まとまりが難しかったし僕の能力のなさかなと思っています。
直接統治の方が上としてはうんとやりやすいのですが一方で反発を多く食らってしまいます。また仕事面では上司に絶対服従状態でまた反発もしかりです。
でも間接統治になると「なぜ任されないのか?」という不満もでます。
私は短い職歴の中でどちらのタイプの仕事も経験しました。

リーダーはきついことが多いですが、人をまとめる為には絶対なくてはならない存在です。
昨今ではやりたがらない人が多いですが、若い頃から考えておかないといざという時何もできなくなります、どうしたらいいかと悩んでいる、そんな方もいらっしゃいます。

一概に答えはありませんが大人気ないことでなく、これからの日本人が考えないといけないことです。

何か的外れでごめんなさい。こんなこと位しか書けません(情けないです)が、心配しています。

色々あって悩むことなどがあると思いますが、それらが将来の糧にできると思います。私も色々上手くいかないことだらけで、もうこれでいいのかというある意味最悪の状態です。

暑くなりましたのでどうかお体に気をつけて下さい。ずっと応援していますよ!!

投稿: 里やん | 2006年7月14日 (金) 14:16

お悩み=ストレス の模様ですね・・・・・
私は、現在介護現場の主任という仕事をしているので約50人の職員をまとめていかなければなりません・・・・
それは、それは・・・・つ、辛いです・・・・
集団をまとめる事の難しさを、毎日感じ毎日極度のストレスで、目がつり上がっている日もあります。
私も自分がどんなリーダーなのか、皆にどう思われているのかばかり気になって、きちんとリーダーの役割をしていない事に気付いて、また落ち込み・・・・その繰り返しです。
職員が元気よく笑顔で働いていられるにはどうしたらいいのか?まずは自分の体調・精神状態が元気であること・・・・・それは、基本ですね・・・・そして、一人一人の職員の体・精神状態は今どうなのか?を日々観察する事!
でも、本当にこれは一人では無理・・・良い参謀を育てて自分の分身を作っておく事!
家は職員の平均年齢が25歳くらい・・・・・もう、母の気持で接しないといけないくらい若いので、私も若作りして頑張っているわけですよ・・・・
satchyさんの意見や、皆さんのコメントが大変心に響きました。
なにやら、意味不明ですが、久し振りに自分を分析できてスッキリしました~ 反対によい機会を与えてくれてありがとう!!

投稿: タロママ | 2006年7月16日 (日) 09:06

私はリーダーにはなったことはないけど、よいリーダーに出会ったことはあります。
そのリーダーはしっかり役割分担をしてくれました。そして、それぞれが何をしているのか、困っていることはなにかを、ときどき全員出席の会議で確認しあいました。
そして、一見放任的でありまがら、ちゃんと進んでいるかを時々聞きにくるあたりが緊張感を高めてくれました。
で、問題が生じるとちゃんとフォローしてくれて、いいリーダーでした。
また、さらに部下には個人的な感想とか余計なことを言わないようにしているようでした。でも、お酒が入るとちょろっとでるあたりがまた人間らしいひとだったけど、リーダーは孤独だなぁと思ったものです。
あんまり参考にならないですね。でも、私もリーダーになる機会があったらあの人をお手本にしたいものです。

投稿: Hitomi | 2006年7月17日 (月) 16:13

Wさん♪
なるほどなーと思いながら読ませていただきました。①から④のどれも、まったくそのとおりだなーと。特に②と③を認識できていることがリーダーとして成功する秘訣なのではないかな、とこれまでの経験から思いました。ありがとうございました。

里やんさん♪
本当にそのとおりですよね。私も里やんさんとまったく同じ経験をして、リーダーについて同じような問題意識を持ちました。まだ下っ端のうちに、このような経験ができてとてもよかったと思っています。何年後かに、人をまとめる立場になったときに、この経験は必ず生きるはず。でも、やはり、良いリーダーになるのはとても難しいことだと思うけれど。
いつも応援してくれてありがとう!

タロママさん♪
タロママさんは、きっとみんなから慕われる「良いリーダー」なんだろうなと思っていました。ブログつながりのお付き合いなのですが、文章ってその人の人間性を反映しますよね… (っていうとプレッシャーになりますか?? ←自分も気をつけないと!!) 「部下が毎日笑顔で元気よく働けるためにはどうしたらいいか」、こんなふうに考えてくれている上司をもてて、部下の人たちは幸せだと思いました。
でも、人をまとめるというのは大変な役割ですね。今回、これまで抑えていた怒りを爆発させてしまったのですけれど、自分が上の立場にたったときに、ちゃんと部下をまとめられるかと思うと、自信がないし、正直、こわいです。でも、上の立場にたっておられるタロママさんの声が聞けて、とても勉強になりました。ありがとうございました。


Hitomiさん♪
なるほど-。この「役割分担」ってとても大事なことだなと思います。そして、「一見放任的でありながら、実はちゃんと観察し分析できている」というのは、リーダーとしての資質だと思います。役割も与えず、何でも部下に考えさせて部下だけで解決させようとする、というのはある意味教育的なのかもしれないけれど、限界があることを学びました。放任が極端になると、まさにchaos状態です。でも、あまりに権力で縛られてしまっても、chaos状態でしたよね…(あの張り詰めた空気、今思えばなつかしい)
自分がリーダーになったとき、この経験が必ず生きると思っています。

投稿: satchy | 2006年7月19日 (水) 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集団をまとめることの難しさについて:

« 神戸に帰る日 | トップページ | 国立でフレンチな夜 »