« フルブライト渡米前オリエンテーション | トップページ | 師匠、来日 »

外面を磨く

眠れませーん。。。ただいま夜中の3時ですが。。。

本を読む気にもなれないので、この週末に感じた「美しさ」というテーマについて、エッセイを書いてみたいと思います。

自分磨きは、まず、内面の美しさから」と、よく言われます。satchyも、「内面の美しさがそのまま外見にも表れてくれるなら、、、」と願いつつ、自分の内面を磨くために、10代の頃からコツコツと努力を続けてきました。しかし、最近、思うのです。内面が綺麗な人は外面など関係なく真に美しい、と言えるのだろうか…?逆に、外面が完璧な美を成していても内面が汚れていれば、それは美しいとは言えないのだろうか…?もちろん、私たち人間が本能的に感じる美は、一人ひとりの価値観に委ねられるものなので、美しさの定義を一概に決め付けることはできないと思います。が、しかし、美しさは内面を磨くだけではやっぱり十分ではない、、、と、最近になって思い至ったのであります。そう、外面もやっぱり大事なのです。なので、satchyは決めました。もう内面磨きはこれくらいにして、これからは外面磨きに一生懸命になろうーと。。。

(←というか、こんな夜中に一体何を書いているんだ―。。。)

外面磨きが大事だと再認識させてくれたのは、大学の事務所で働いているSさんです。Sさんは、「美」に対する意識が非常に高い人。日曜日、行きつけのアロマセラピーやコスメ関係のお店に連れて行ってくれました。

Aoyama_005 Sさん行きつけのお店の一つ、"LUSH"は、ハーブや生野菜、果物を原料としたソープやパック、クリームなどを扱っているお店です。生野菜、、、という言葉にも魅かれてしまうけど、それぞれのアイテムにつけられた名前がおもしろくて、ひとつひとつを手に取り、香りや色を楽しみながら、じっくりと眺めてしまう。たとえば、ソープの場合、種類は16にもおよび、それぞれにつけられた名前もさまざまである。「ブラジル娘の唄」、「ウィート教授」、「紫式部の神話」、「みつばちマーチ」、「ボヘミアン」、「赤頭巾ちゃん気をつけて」、、、などなど。花王の「花王石鹸」があまりにもフツーに思えてしまうくらい、このネーミングはextraordinary & incredibleである。でも、なんか、めっちゃテキトウにつけている感も否めないが…。ちなみに、「赤頭巾ちゃん気をつけて」というソープは、ミントとハッカが原料になっているらしい。「ミントとハッカでオオカミを追っ払っちゃえ!」ってとこでしょうか…。ま、どーでもえーんですけど、これ思いついた人、ちょっぴり尊敬しちゃいます。

と、話が脱線してしまったんですが、Sさんは、ここLUSHの商品を使って、美しさをキープしているらしい。クオリティーの高い商品を使うことで外面が磨かれるだけでなく、心も豊かになり、それが内面を磨くことにもつながっているんだろう、、、と一人勝手に分析させていただきました。

Aoyama_009Aoyama_008  そんな美意識の高いSさんに刺激を受けて、satchyも、LUSHでパックを購入してしまいました。(←ったく、影響されやすいのである)「ピュアブラボー」という名前のパックで、原料にはキーウィが使われているらしい。中には、クルミの殻のスクラブが入っていて、古い角質除去にもお役 に立ってくれるのだそう。まさに、「ブラボー!」なパックなのであります。Sさんには、「年齢を重ねた肌」用の「シャングリラ」を勧められたんだけど(これは軽いセクハラ発言である)、「シャングリラ」という名前がウサンクサイし、何より、satchyの肌はまだ「年齢を重ねた肌」というカテゴリーには分類されないとの信念から、Sさんの勧めを拒絶し、「ピュアブラボー」の方を選んだわけです。で、選んで大正解!ひんやり冷たいキーウィのパックは、とってもいい香りがして、この蒸し暑い夏の夜にしばしの憩いを与えてくれます。。。お肌もしっとりして、すごーく幸せな気分。。。よし、この調子で、Sさんに負けないように外面を磨いていくぞー。

というか、せっかく「ピュアブラボー」でキレイになっても、こんな夜中にボヤキ・ブログを書き、夜更かししていてはダメですね。明日は7時起床なので、もう寝まーす。

Aoyama_010Aoyama_011

←LUSHのbrochureです。どの商品も色がきれいで、見ているだけで楽しい。「ピュアブラボー」の次は、「シャングリラ」を使ってみようかと、、、と考えているsatchyでした(←やっぱり気にしている)

Aoyama_003Aoyama_002  ←表参道ヒルズに行って来ました!階段を使わずに、各フロアのお買い物が楽しめます。何か空港のショッピングフロアのようでした。

|

« フルブライト渡米前オリエンテーション | トップページ | 師匠、来日 »

コメント

今日、介護福祉専門学校の実習生が事前訪問にやってきました。オリエンテーションは、私の仕事なので「介護の心とは?」という話をし、「心の豊かさは顔に出ますから、感性を磨いてくださいね」なんて偉そうに言いました。
緊張している学生の気持を少しでも和まそうと思い、軽い冗談を交えたりしたのですが、私のギャグセンスが悪いのか、超緊張なのか、クスリとも笑わない学生を見て、逆に私の顔が強張り、内面が豊かな素敵なおば様にはとてもなれなかった・・・・。
部下の男の子に「白髪出てるよ」なんて言われてしまう外面なので、せめて内面を・・・・と常に思ってるのに「あんたこそ、このままいくとM型ハゲだね」なんて言ってしまう心の狭さに反省です。
私も、シャングリラ使おうかな?

投稿: タロママ | 2006年6月20日 (火) 22:32

タロママさん、こんばんは。
タロママさんの冗談を聞いて、学生さんたちはとってもうれしかったと思いますよ。緊張しているときって、学生は周りを気にするので「ここで笑っていいのかな」って思うみたいです。きっと、タロママさんがおっしゃった「心の豊かさは顔に出ます」という一言も、タロママさんが発するオーラによって、学生さんたちに伝わっているはずです。これから、実習生の指導をご担当されるのですか。とても大変なお仕事ですよね。

軽いセクハラ発言には、軽いセクハラ発言で逆襲するのが一番ですね~(笑)。LUSHには、育毛シャンプーもありますよ。ちなみにこのシャンプーの名前は、「髪様」です(LUSHの商品のネーミングはどこまでもふざけている…と思う)。「シャングリラ」 VS 「髪様」の戦いかー。

投稿: satchy | 2006年6月21日 (水) 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/10601788

この記事へのトラックバック一覧です: 外面を磨く:

« フルブライト渡米前オリエンテーション | トップページ | 師匠、来日 »