« 人の幸せとは | トップページ | J1ビザとE-Ticket届きました »

ドキュメンタリー番組制作に携わる

最近、すっかり、「よろずや」と化してしまったsatchyでございます。学生がペーパーに追われるこの忙しい時期、彼らが、「助けてくれー」「英語見てくれー」「どっかおかしいとこないかチェックしてー」。。。と持ち込むペーパーの種類は実に多岐に渡り、あまりの幅広さに、自分の専門が何だったか忘れちゃいそうな勢いです。ちょい仕事しすぎやなーと思う。ある程度、線引きすることが大事やと思いつつ、かわいい学生たちを放っておけない、という親心みたいなのもあり、結局、時間を大幅にオーバーして彼らのペーパーをチェックすることになる。最近は、日本語でも理路整然と筋道立てて自分の意見を語れない人が増えているので、そんな人たちが英語で書いてしまったあかつきには、まさに暗号を解読するような状態に陥ってしまうのですけれども、それでも、英語で表現することの大変さを自分も経験してきたから、歯を食いしばって解読作業にいそしむわけです。学生相手の仕事で一番大事なことは、"patience(忍耐)"であるとつくづく実感する。

でも、大変なことも多い分、学生さんが書いたものから学ぶことも結構あって、実はすごく楽しい。たぶん、楽しいから、残業お構いなしで仕事しちゃうんやろね。今日は、「ドキュメンタリー番組の英語の字幕をチェックしてほしい」という学生さんがやって来たのだけれども、そのドキュメンタリー番組が実によくできていて、英語のチェックを忘れて、番組自体にのめり込んでしまいました。番組が終わる頃に、「あ、英語のチェックするん忘れとった!」と、はたと気がつく始末。。。で、もう一度上映してもらったのだけれども、やっぱり英語なんて忘れて番組を楽しんでしまったsatchyなのでした。。。

そのドキュメンタリー番組は、最近、原宿に出没している「ゴシック ロリータ(Gothic Lolita)」(以下、ゴシロリ)と呼ばれる女の子たちを取材したものだった。文化人類学の授業で出された課題らしく、学生たちは、実際に原宿に出向き、ゴシロリ系少女にインタビューをし、彼女たちがゴシロリに至った経緯から、彼女たちのゴシロリ的世界観、ゴシロリ的生き方に至るまで、実におもしろいfield workを行っていた。外国人にもインタビューを試み、ゴシロリが外国人の目にはどう映っているのか、について調査し、ゴシロリ・ショップの店員には、店員しか知りえないゴシロリ少女たちの内面について取材をしていて、実に創意工夫に富んだドキュメンタリー番組に仕上がっており、ちょっと、というか、かなり感動してしまったsatchyでございました。

と、ゴシロリ、ゴシロリ、と何度も書いてると、なぜか、頭の中に「ゴキブリ」と「シロアリ」が出てきてしまいまして、ちょっと気持ち悪くなっているsatchyなのですけれども、もうちょっと続けますね。

それでですね、このドキュメンタリー番組の「編集」が、これまた素晴らしいんですね。場面の切り替えとか、エンディングとか、バック・ミュージックなども実にうまい。なんでこんなにうまくできるの?と、めちゃくちゃ「そのまんま」の質問を学生さんにぶつけてしまったのですが、その学生さんによると、「子どもの頃から映画を見るのが大好き。編集の仕事にはずっと興味があって、将来は番組制作会社に就職したい」のだそう。。。なるほどねーー。この彼は、おそらくほんとにそのような道に進むのだろう、と思う。幼い頃から映画に触れる機会があり、自然と、感性が磨かれていったのでしょうね。いやー、いろんな子がいて、大学で仕事してるとほんとに楽しい!

で、結局、仕事を忘れて番組を楽しんじゃったんですけど、最終的には字幕の英語チェックもしました。そしたら、なんと、その学生さんが、「番組のエンディングで、ちゃんと、"Special Thanks to Satchy(←ここには本名が入る)..."って出しますからね」と言ってくれた。「そんなん恥ずかしいからやめといてー」といいつつ、内心、ちょっとだけ嬉しかった自分は、やっぱりまだ青い?上映会はわりと大きなイベントになるらしいので。。。

はい、アホですね。

ま、いろんな世界に触れて、いろんな学生に出会えるという意味で、「よろずや」であることも、今は悪くはないかなーと思っています。

|

« 人の幸せとは | トップページ | J1ビザとE-Ticket届きました »

コメント

米原万里さんっていうロシア語通訳の人が通訳について書いた本の中で、通訳は通訳する分野についての予備知識を蓄え、オリジナルの単語集まで作って現場にのぞむそうです。
sachyさんは事前の準備も無しにいきなり翻訳というか英語のチェックをするわけですから、大変な解読作業になるんでしょうね。

ちなみに、Gothic&Lolita(ゴシック&ロリータ)だから略してゴシロリと言いたいとこですが、“ゴスロリ”と読むんですよ。ゴシロリは気持ち悪い…

投稿: G | 2006年6月30日 (金) 22:32

Gくん♪
来てくれてありがとう。ああ、そうなんだ。省略形は「ゴスロリ」なんだ。なんで、ゴキブリとシロアリが頭の中に出てくるんやーと不思議に思っていたんだけど、そういうことだったのね。教えてくれてありがとう。
ライティングセンターのプロモも、Gくんに手伝ってもらえたらいいなと思っています。その才能をどんどん伸ばしていってほしいと思います。

投稿: satchy | 2006年7月 1日 (土) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/10705101

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー番組制作に携わる:

« 人の幸せとは | トップページ | J1ビザとE-Ticket届きました »