« 友人が残してくれたもの | トップページ | 「学校へ行こう!」 »

音楽って素晴らしい!一橋大学管弦楽団

Spring_concert_010一橋大学管弦楽団 スプリングコンサート2006 に行ってきました。この楽団には、上司のS先生のご子息、太志君がバイオリニストとして所属しています。一橋大学の2年生です。2月に先生のお宅にお招きいただいた時に太志君と出会い、それ以来、誠実そうで品のある太志君のファンになってしまいました。今日のコンサートのことは、太志君がわざわざメールで知らせてくれて、チケットも手配してくれました。ほんとに素晴らしくいい子なんです~。

Photo_b01 コンサートは、錦糸町にある「すみだトリフォニーホール」で開かれました。1800席を収容するという大ホールは、舞台と客席が一体になったオープンステージになっており、音響性能にこだわった臨場感あふれる空間になっています。こんなステージを学生の楽団が借りられるなんてすごいなぁ。。。と感心していたところ、始まった演奏を聴いて、「なるほど、こんだけプロフェッショナルやったらこれくらいの大ホールも借りれるわけやー」と納得してしまいました。

大学生の楽団といっても、指揮者がプロの方だったのが、まず一つ目のビックリでした。(ちなみに、宮松重紀さんという方でした) そして、二つ目のビックリは、学生さんたちが、プロのトレーナーについて練習をしているということ。プロの音楽家を招くことができるくらい、レベルの高い楽団であり、また、プロを招くことで、さらに楽団の音楽技術に磨きがかかる、ということなのでしょう。久しぶりに味わう、鳥肌が立つくらいの素晴らしい演奏でした。

昔、トロンボーンをやっていたので、今日もトロンボーンの音がなぜか一番耳に入ってくるのが自分で不思議でした。。。それにしても女の子なのに、すごい肺活量でいい音出してたなー。ものすごい練習量があってこそ出せる音量と音質なんやろうなーーと思いました。

いやいや、音楽ってすばらしいーー!! 最近、教育現場では、音楽や美術など、実用的でない科目の授業数を減らす傾向にあるようですが、絶対によくないと思います。そもそも、「役に立たない=価値がない」と考えるのは大きな間違いです。音楽は、人間の心や情緒を育てると思います。美しい絵画に触れたり、美しいものを描くことも、心を育てる上で必要なことだと思います。太志君が、素晴らしい人格の持ち主であることが、このことを証明していると思います。

てなことを考えながら、素晴らしい演奏に酔いしれた日曜日でした。一橋大学管弦楽団のみなさん、ありがとう!

Spring_concert_009 ←ザ・男の友情。ダンサーを目指し夜中駅構内で練習に励む青年、医者を目指しひたすら勉学に励む青年、パイロットを目指す青年、など夢を追い続ける熱い20歳の若者たちです。

Spring_concert_013

←上ほど若くないですけど。。。(笑) 夢を追い続ける熱い30代です。ィエーィ!(←意味不明の叫び)

Spring_concert_012

←やっぱり家族が一番ですね。

|

« 友人が残してくれたもの | トップページ | 「学校へ行こう!」 »

コメント

Satchy♪さん、お久しぶりでス~
お元気ですか?このブログが充実していると言うことは、Satchy♪さんの毎日が充実していると言うこと
なんだと勝手に想像しております。
でも~楽しそう!
昔?!トロンボーンを吹いていたって!ドヒャー!
もう知り合ってから長いと思うのですが、余りご自分の事は言われないからちっとも知りませんでしたよ~
それに、昨年友人が亡くなられて打ち萎れておられたって・・・チラッとも見せなかったわね~少々ショック!笑
音楽のない世界!そんなのは風子だけで充分ですよ~

やっと病から復活、これからは辛口愚痴の風子としてデビューしようかな~って考えております。φ(≧▽≦)キャハハ!!
ところで、HPへお越しくださるときに、お気に入りから入れないと言う情報が今日入りました。ここ二日程前に、URLは同じなんですが、TOPが煩わしいので、即フレームに入れるようにしたもので・・・
申しわけないですが、再度URLをコピー&ペーストしていただけたらと、宜しくお願い致します。

投稿: 風子 | 2006年4月17日 (月) 21:09

いい出会いですね。残念ながら、僕もしばらく音楽からは離れてます(><)★ちなみにぼくは昔ヴァイオリンとクラリネットをやってました♪

>最近、教育現場では、音楽や美術など、実用的でない科目の授業数を減らす傾向にあるようですが、絶対によくないと思います。そもそも、「役に立たない=価値がない」と考えるのは大きな間違いです。

 芸術以外でも哲学など実利的でないものに価値を求めない学生が増えてきましたが、僕は高校時代「大学は役に立たない(=実利的でない)ことをするところ」と教わりました。それが正しいかどうかはわかりませんが、あまりに実践的なものを求めるならそれは専門学校に行くべきだと思います。実利的なもののみを学校に求めようとする姿勢にはちょっと疑義を感じざるを得ません。

 夢を追いかける30代、がんばってください!!ww

投稿: クボッチ | 2006年4月17日 (月) 21:30

お忙しいところ、来てくださって本当にありがとうございました。m(__)m来てくれたことに感激したし、このブログの充実さにもっと感激しました。(^_^)そうなんですよ~、練習大変なんです。(>_<)何度辞めようと思ったことか…。でもがんばりました。これからもがんばります。(∋_∈)さちこさんもお仕事がんばってください。(^_^)/""

投稿: 太志 | 2006年4月18日 (火) 00:09

風子さん♪
回復されたようで本当によかったです。ええ、ぜひ、辛口毒舌キャラで、ドカーンっといってください!でも、satchyに直球で来るのはやめてくださいねー(笑)。(←意外と気が弱い) そうなんですよ。トロンボーン奏者だったのです。須磨の実家には楽器が眠っています。といっても、家の中で吹くわけにもいかず、今は思い出として語るのみです。


クボッチ♪
そうなのー、バイオリンとクラリネット!あ、「バ」じゃなくて「ヴァ」なんですね、表記は。(こういうとこに素人くささが出てしまいますね) クボッチの落ち着きは、その音楽経験から形成されたものだったのかもしれないですね。
大学のカリキュラムも変わりつつありますね。キャリア・アップなんとかっていう学科が出てきたり、何だか専門学校との区別がつきにくくなってきているようにも思えます。勉強の仕方も、「寄り道はしたくない、簡単に早く身につけたい」というコンビニ型になってきているような気がするんだけどね。寄り道ほど大事なことはないと思うんだけどねー。

太志君♪
ブログに来てくれてありがとう。日曜日は素晴らしい演奏会に招待してくださり、本当にありがとう。とても有意義な一日でした。太志君には、とっても素敵なお友達がたくさんいらっしゃるのですね。コンサートの後で行ったカフェ(っていうより喫茶店?)では、お友達のお話をとても楽しく聞かせていただきました。またコンサートの機会があれば、ぜひお声をかけてくださいね。私は先生のことを本当に尊敬していまして、その先生の息子さんとこうやって話ができることをとても幸せなことだと思っています。これからもどうぞよろしくお願いしますね。


投稿: satchy | 2006年4月19日 (水) 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/9628225

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽って素晴らしい!一橋大学管弦楽団:

« 友人が残してくれたもの | トップページ | 「学校へ行こう!」 »