« 人工言語の美しさに魅了される | トップページ | 2年間の集大成 »

浅草で下町情緒に触れる

浅草で下町情緒に触れる旅」をしてまいりました。東京に来て2年になりますが、浅草には行ったことがなく、今回が記念すべく、「浅草デビュー」となります。

Asakusa_001_1Asakusa_002_1 お友達と田原町駅で待ち合わせをして、地元の古い商店街を抜け、浅草寺方面へ。「雷門」を目にしたときには、「おおおーーーっ、これがあの有名は雷門かーっ」と大興奮!テレビや雑誌でしか見たことがなかっただけに、生まれて初めて本物を見て、素直に感動してしまいました。

Asakusa_004_1Asakusa_006_1  仲見世通りを抜けて浅草寺へ。仲見世には、地元名物のおせんべいやおだんご、雑貨などを扱う屋台が軒を連ねていました。中でも一番ヒットだったのは、カツラ専門店で見つけたサムライのカツラ。サムライといってもいろんなヘア・スタイルがあって笑えました(もみ上げの長さが微妙に違うとか)。それにしても、このカツラ、一体どんな人が何の目的で買って行くのだろうか。やはり、刀とセットで購入するのがお決まりなのだろうか。セット価格なんてのもあるのだろうか。。。ナゾじゃーーー。

カツラ専門店の隣には、キラビヤカなステージ衣装やカジュアルTシャツを扱う洋品店がありました。店頭の「萌えーーーっ」という文字入りTシャツがひときわ目立っておりました。

いやいや、サムライのカツラといい、萌えーっTシャツといい、浅草ってほんまにおもしろい町やなー。この「ちょいふざけたところ」と「下町情緒」が、いい具合に融合して、独自の庶民文化を築き上げている、これが、浅草の魅力であり、訪れる人々の心を魅了する理由なのだと思いました。この庶民性は、「笑い」を大切にする関西文化に共通するもののような気がしました。

以下、浅草で見つけた下町情緒を紹介します。(クリックすると大きな画像が見られます)

Asakusa_008_1 「ゴゴゴーっ」 by 水噴きドラゴン

Asakusa_010_1 「しもたー!見つかってもうた!」 by 泥棒

Asakusa_015_1 「全身、金だっちゃ!」 by かっぱの河太郎

Asakusa_016Asakusa_017  左)「上からちゃんと見てますよ!万引き禁止!」 by カブトムシ

 右)「こっち向いてもたら、何も見えへんやんかー!」 by カブトムシ

Asakusa_009 「気合が足りんー!気合が!もっと勢いよく泳ぐのじゃ!」 by 鯉のぼり応援団

Asakusa_011 「なんでビルのてっぺんにこのモニュメント?意味が分かりません。」 by アサヒビール本社社員

Asakusa_013 「血走る目玉がちょっとコワイです。」 by 八つ目うなぎ

Asakusa_005 「三定の天ぷら、おいしすぎです。さすが天保8年創業、老舗の味!ナスや海老、魚、種類ももりだくさん。まさに天ぷらのオーケストラやー!」 by さち麻呂

Asakusa_018Asakusa_019  「浅草いづみの白玉ぜんざいとところてん。まさに和菓子の夫婦岩やー!(意味不明)」 by さち麻呂

Asakusa_012 吾妻橋から隅田川を望む。風情がありますな~。

Asakusa_014_1 Todai_komaba_campus_001

かっぱ橋道具街。和洋食器の種類の豊富さと値段の安さに感動!猫ちゃんkettleを購入。

|

« 人工言語の美しさに魅了される | トップページ | 2年間の集大成 »

コメント

 連休満喫してますね☆彡 satchyさんは仕事一辺倒って感じがしたのでなんだかホっとします(て僕が言っていいのかww!?) なんだか関西人らしい(!?)突っ込み満載な記事でww

 僕は早速昨日今日とダラダラしてしまいました(><)★連休の楽しみは久々の飲みくらいなのでそれに向かって日々がんばります☆

投稿: クボッティ | 2006年4月30日 (日) 21:28

浅草いいですねぇ~。主人の実家が東京なので帰った時には、なぜか浅草に行ってしまいます(笑)
私のGW・・・・遠くには行きませんが、チョコチョコと出かけます。いよいよ、春らしくなってきましたので、タロくん通心から目を離せませんよーーー。

投稿: タロママ | 2006年4月30日 (日) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/9829426

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草で下町情緒に触れる:

« 人工言語の美しさに魅了される | トップページ | 2年間の集大成 »