« 明日からオーストラリア -seeking for a spiritual epiphany- | トップページ | 遠い国で待っていてくれる人がいることの幸せ  »

メルボルンから

melbourne_131melbourne_132melbourne_150 3月末、南半球の空です。青~~い!!

オーストラリアは夏の終わり。これから秋に向かうはずなのに、まだまだ残暑厳しく、連日30度を超す暑さが続いています。

melbourne_104melbourne_105melbourne_103 オーストラリアの天気予報です。(画像の質が悪くてごめんなさい) この気温、ほんとに暑そうでしょ。南半球にいるんだーって実感します。

melbourne_086melbourne_122melbourne_121メルボルン市内には、美しい庭園がたくさんあります。澄みきった青空と庭園の緑のコントラストが本当にきれいです。これは、Carlton Gardenです。

melbourne_123  melbourne_126melbourne_127 melbourne_124 melbourne_133

Carlton Garden内にあるRoyal Exhibition Buildingです。宮殿の中の庭園にやってきたような感じ。お姫様気分(?)でゆっくり歩いてみたいところですが、暑すぎて、そいでもって紫外線が強すぎて、それどころじゃなかったでっす☆ 即、日陰に避難じゃーー。

melbourne_120  melbourne_087melbourne_073 melbourne_074

メルボルンの中心地にある「フリンダーズ・ストリート駅」です。留学中、この駅の向かいにあるUnilodge on Flindersというアパートに住んでいて、部屋からこの時計塔が見えてたんですよ。留学中はつらいことのほうが多かったのでこの時計塔を見ながら、よく涙したものです。。。(まだその頃はピュアな心を持っていたのネ) 2年ぶりにこの時計塔を見て当時のいろいろな思いがよみがえってきました。

melbourne_095melbourne_096 melbourne_070melbourne_088melbourne_065

もともと英国領だっただけに、ビクトリア朝の建物が市内のあちこちに見られます。トラム(路面電車)はメルボルンのシンボルになっています。

melbourne_066melbourne_063melbourne_067 MYERデパートです。留学してた頃、1階のピアス売り場で、男の子に声かけられた記憶が。。。"カーサー"か"シーザー"かそんな名前で、「Kingって感じで強そうだろっ」って自画自賛してたな、ヤツは。(やっぱり外国にもこういう困った人っておるんやなぁ、と学ぶ)。そのKingが発した第一声は、確か、「妹にブレスレットを買いたいんだけどどれがいいと思う?」だったような気がする。 んなこと言われたって、妹って誰やねん、見たことも聞いたこともないぞ!って(笑)。そのときお友達のSちゃんと一緒だったんだけど、Sちゃんと一緒の時はいつも珍事件(怪しい男に遭遇する)が起きて大笑いしたなー。チャイナ・タウンで、ゴジラ男とプレスリー男を見たこともあったよねー。

melbourne_099melbourne_100melbourne_097 ちょうどメルボルンでは、Common Wealth Gameが開催されていて(3月15日から26日まで)、町中がすごくexciteしていました!!Common Wealthとは、かつてイギリス領だったがその後独立したオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インドなどの国を指し、これらの国が集まって4年に一回、オリンピックを開催しています。今年、2006年は、メルボルンがhost country。71カ国が参加しているそうで、cityでは、いろいろな国籍の人たちを目にすることができました。写真左は、参加国のメダル数。オーストラリアはダントツ一位です。んー、でも、他の国って小国だし、参加している選手の人数も少ないし、スポーツ選手育成に対するお金のかけ方も違うと思うし、比較するのはfairじゃないような気がするなぁ。それに、アメリカやロシアがいないしさー。でも、こうして、メダル数にstickするのって、日本だけじゃなく、どこの国も同じなんですネ。

ちなみに、Common Wealth Game 2010年の開催地は、インドのデリーだそうですよ。

melbourne_071melbourne_072melbourne_079melbourne_078melbourne_081    

メルボルン市内を流れるヤラ川です。高校生や大学生がよくrowingの練習をしています。川沿いには、各チームのクラブ・ハウスが並んでいます。写真左端、真ん中に見える細長いビルディングは、南半球で一番高いといわれているリアルト・タワーです。

melbourne_077 橋の下で、オージーのおっちゃんがクラリネットを吹いてます。誰も立ち止まってくれないけど、とても幸せそうです。メルボルンって、そうゆうところなんですね。人生エンジョイしなきゃって思える場所です。

|

« 明日からオーストラリア -seeking for a spiritual epiphany- | トップページ | 遠い国で待っていてくれる人がいることの幸せ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/9277158

この記事へのトラックバック一覧です: メルボルンから:

« 明日からオーストラリア -seeking for a spiritual epiphany- | トップページ | 遠い国で待っていてくれる人がいることの幸せ  »