« ごはんですよ! ~アレンジ丼の巻~ | トップページ | 明日からオーストラリア -seeking for a spiritual epiphany- »

広い視野。柔軟な生き方。

って、よく言われますけど、どういうことなんでしょうね。

ここで問題!

ある私立小学校の入試で出された問題です。次の四つのうち、仲間はずれはどれでしょう?

(1)ダイコン (2)ニンジン (3)ゴボウ (4)ハクサイ  

正解は。。。

(1)(2)(3)は、ぜんぶ根菜類(根っこの野菜)。(4)だけ葉っぱの野菜。だから、ハクサイが正解。

しかーし!

「広い視野」を身につけ、「柔軟な生き方」をするためには、そんなことで乗り切ってはいけなーいのである~!!

え? さっき正解いうたやんかーっ どないやっちゅーねんーっって? すみません。ここからが本題なんです。

最近ある本で勉強したんですが、みなさんは、「パラノ」 「スキゾ」 「ノマド」 ということばを聞いたことがありますか。え?なんか ゾンビっぽい って?いえいえ、フランスの哲学者 ジル・ドュルーズフェリックス・カターズの共著『アンチ・オディプス』の中で出てくる有名な言葉で、日本でも、1984年に、新語流行語大賞をとった言葉なんだそうです。浅田彰氏の『構造と力』の中で出てきて、当時、日本でも流行したんだそうです。

パラノ」とは、ひとつのことに執着する人間のこと。一方、「スキゾ」とは、ひとつのことにとらわれず、自由に生きる人間を指す。しかし、このような生き方は、両極端すぎる。そこで、その中間、つまり、スキゾを追い求めつつも行き過ぎず、決してパラノにもならない、それが「ノマド」となった。

これをたとえると、たとえば、システムにガチガチにしばられていて決して例外を認めない日本の官僚の方々なんかは、「パラノ」的といえるかもしれない(あくまで個人的な意見ですけど)。そして、こうしたシステムにとわられず、自由な発想で企業利益をあげたLivedoorの方々なんかが、「スキゾ」的なのかもしれない(自由すぎて捕まっちゃいましたけど)。

この極端すぎる「パラノ」「スキゾ」の両方のいい部分を取り上げながら、つまり、規則・慣習・礼節を大事にしながらも、自由な発想を大事にし、ひとつのものに様々な価値を持たせていける人、これが「ノマド」といえる。

そう、「ノマド」とは、ひとつの考えにとらわれない柔軟な生き方のことなのである。ドュルーズとガタリは、資本主義社会の生き方として、「ノマドとして生きること」を薦めている。

では、ここで、先ほどの入試問題に再チャレンジ!

次の四つのうち、仲間はずれはどれでしょう?

(1)ダイコン (2)ニンジン (3)ゴボウ (4)ハクサイ  

正解は。。。

(4)ハクサイ → ハクサイだけ葉っぱだから。 →正解だけど、当たり前すぎて、ちょい「パラノ」的。根っこか葉っぱかという基準以外で見ることができるかも。。。ちょっと見方を変えてみると。。。

(3)ゴボウ → ゴボウだけ3文字だから → 正解!

(4)ハクサイ → ハクサイだけ濁音が入っていないから → 正解!

こんなふうに、「ノマドの持つ広い視野と柔軟さ、を身につければ、口の達者な上司に打ち勝つことができたり、感じの悪い上司のいい部分を見つけてあげられるかもしれません。(ん?これは自分に対する励ましか?) また、世間の目や固定観念から逃れ、自分らしい人生を設計し、豊かな毎日を送れるようになるのではないでしょうか。

31436290

上記クイズは、『なおかつお厚いのがお好き?』(フジテレビ出版: 2004)から引用しました。深夜番組で放送されていたらしく、一昨年、単行本化されたそう。哲学・思想が分かりやすい言葉で説明されていて、これを読んで、やっとクリアになったものがたくさんありました。おすすめです!

|

« ごはんですよ! ~アレンジ丼の巻~ | トップページ | 明日からオーストラリア -seeking for a spiritual epiphany- »

コメント

きっとそんなふうにいろんなバージョンで発想できるのって意外と子供かもしれませんね。(笑 頭がやわらかい。ところで神戸のひとだったんですね。あの時の神戸の一晩はいい経験ででした。

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006年3月18日 (土) 12:13

SATCHYさん、こんばんわ~
この問題の答え、OWLは色で分けてしまったわ~
ごぼうが黒いから違うかな~なんて単細胞!
ちょっとパラノかもしれないね~φ(≧▽≦)キャハハ!!
ノマド的生き方ってすごく憧れるわ~
「アンチ・オイディプス」読んだのに完全に忘れてる~本棚を探したけれど見つからない!
明日からオーストラリアへ行かれるって!急に決まったんですか~お気を付けて行ってらっしゃいませ。

投稿: OWL | 2006年3月18日 (土) 21:36

バツイチさん、こんばんは。そうですね、子供のような柔軟性が豊かな発想を生み出してくれるのかもしれないですね。オーストラリア留学中に、ある先生がよく、"childish"(子供っぽい)であることはよくないけど、"child-like"(子供のような)はすばらしいことだ、と言ってたことを思い出しました。

OWLさん、こんばんは。なるほど~。色で分けるという見方もあるんですね。ノマド(nomad)は、もともとは「遊牧民、放浪者」っていう意味らしいですね。私も、放浪者を目指します(笑)。でも、目的地はただ一つでありたいです。「アンチ・オディプス」を読まれたとはさすがOWLさん!

投稿: satchy | 2006年3月18日 (土) 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144186/9117613

この記事へのトラックバック一覧です: 広い視野。柔軟な生き方。 :

» はじめまして! [RSD友の会]
私は、妻と娘2人を持つ、30代のパパです。もはや、「中年の星(?)」ですね(笑) [続きを読む]

受信: 2006年3月16日 (木) 20:48

« ごはんですよ! ~アレンジ丼の巻~ | トップページ | 明日からオーストラリア -seeking for a spiritual epiphany- »