« シンポジウム終了 | トップページ | 「我思う、故に我あり」 -母子手帳事件- »

続・シンポジウム -東京観光編-

tokyo_mini_tour_026  アメリカから来られたSharon Zuber先生をお連れして、東京の観光地を案内することになりました。日本での滞在が先生にとって満ち足りた有意義な時間になってほしいし、アメリカに帰国した後で「日本は本当に素晴らしい国だった!」と言ってもらいたい。どうすれば喜んでもらえるか、このガイドブックでいろいろ調べました。東京に来て2年だけど、ガイドブックなんて見たの初めてだったから、すごいおもしろかった。東京って、渋谷やら六本木やら遊ぶところだけじゃなくて、歴史や芸術を楽しめる場所もたくさんあるんですね。

tokyo_mini_tour_010tokyo_mini_tour_006tokyo_mini_tour_005

tokyo_mini_tour_008tokyo_mini_tour_007 まず、1番目のスポットは、明治神宮です。原宿駅から徒歩2,3分のところにあるのですが、鳥居をくぐると平穏で神聖な空気が流れていて、何だか心が洗われるような気持ちになりました。絵馬のNew Year's Resolution(新年の抱負)の文字が英語、フランス語、韓国語など国際色豊かでおもしろかったです。この絵馬に、先生はえらく感動しておられました。

tokyo_mini_tour_011 それにしても、明治神宮って大きい神社ですよね。初めて来たんだけど、その大きさにびっくりしました。この「鳥居」も日本一大きいのだそうです。ところで、「鳥居」の意味ってみなさんご存知ですか。

"Torii" represents the division between the everyday world and the divine world.  「日常と神の空間を隔てる門」ということですね。

tokyo_mini_tour_015tokyo_mini_tour_016 2番目のスポット、歌舞伎座です。3月からの公演の題目が書かれていて、先生に「何て書いてあるの?」と聞かれましたが、私も分かりませんでした(笑)。古典はむずかしー。俳優さんも「松本幸四郎」以外分かりませんでした(笑)。

tokyo_mini_tour_022tokyo_mini_tour_021tokyo_mini_tour_023tokyo_mini_tour_020tokyo_mini_tour_019

3番目のスポット、築地です。「どんぶり市場」では、800~900円の安さで、新鮮でおいしい海鮮丼が楽しめます。真ん中の古代インド様式寺院は「築地本願寺」です。市場の近くに、漆塗りの器を扱うお店を発見しました。食器見るのって楽しい。この薬味入れる容器(右から2番目)、めちゃかわいいー。こういう味のある素敵な食器を少しずつ買い揃えていきたいなーー、結婚してからね(苦笑)。先生もこの漆の器に心を奪われておられました。

tokyo_mini_tour_025tokyo_mini_tour_002 最後のスポット、大隈庭園です。大学の敷地内にある庭園で、普段は学生たちが昼寝用に使ってます("昼寝用"ってことはないかもしらんけど)。左は、先生が泊まっているリーガロイヤルホテルの部屋から見える大隈庭園です(貴重なアングルでしょ)。

tokyo_mini_tour_014

←こんなとこにも行ったんですよ~。ザ・外国人記者クラブ!! 途中から友達がjoinしたんだけど、その友達が外国人記者クラブで働いているという友達を連れて来ていて、その方が連れて行ってくださいました。テレビでよく映るpress conference roomも見ることができました。こんなところに入れるなんてもう二度とないと思うなー。once-in-a-lifetime experience!!

あー、楽しかったー。あれ?私って先生を案内するはずが、自分が観光客になってましたね(苦笑)。東京っていいとこやんーって初めて思いました。先生も、とっても喜んでくださって、観光ガイドを引き受けて本当によかったと思いました。今日で、先生ともお別れ。最後にホテルのロビーで、"Can I give you a hug?"と言って、ハグをしてくださいました。そして、"I miss you very much."という言葉をかけてくださいました。

Zuber先生を招待して本当によかったです。この3日間で先生から本当にたくさんのことを学ぶことができました。そして、また次の目標に向かって頑張るエネルギーをもらうことができました。

|

« シンポジウム終了 | トップページ | 「我思う、故に我あり」 -母子手帳事件- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・シンポジウム -東京観光編-:

« シンポジウム終了 | トップページ | 「我思う、故に我あり」 -母子手帳事件- »