« 内定通知 | トップページ | スタバのクリスマス限定タンブラー »

英語でお願いをする

アメリカの大学院に応募するとき、たいてい3通のrecommendation letter(推薦状)が必要になる。フルブライト応募のときもそうだったんだけど、また上司やMAの時の先生にお願いをしなければいけなくなった。自分の都合に、他人を、しかも目上の先生を巻き込んでしまうことに心苦しさを感じる。人に頼みごとをするのはむずかしい。しかも、目上の人に対して失礼のないようにお願いするのはもっとむずかしい。

私が推薦状をお願いするのは、イギリス人とオーストラリア人の先生なので、もちろん英語でお願いをしなければいけない。で、いつも悩むのが、英語の依頼表現でもっとも丁寧度が高いのって一体どれなんだろう…ってこと。例えば、「推薦状を書いていただけませんか」って言うとき、次のような言い方がある。

1.  Would you write a recommendation letter for me?

2.  Would you be willing to write a recommendation letter for me?

3.  I was wondering if you could write a recommendation letter for me.

4.  Do you think it is possible for you to write a recommendation letter for me?

5.  Could I ask you to write a recommendation letter for me?

『日本人英語からの脱出術:ネイティブはそう言いません』(研究社)によると、一般的な依頼表現は1のWould you...だけど、2のWould you be willing to...を使うことで、より相手の意向を尊重した言い方になるらしい。さらに、3のI was wondering if you could...を使うと、「…していただけないかと思いまして」というように、控えめなニュアンスを出せるらしい(『ネイティブが使う英語 使わない英語』 アスコム)。4と5は、海外の学会での質疑応答のときにnativeが使っていたので真似してよく使っているんだけど、書き言葉として適切かどうかはnative earがないのでよく分からない。

結局、一番humbleな感じのする"3"を使ってお願いをした。3人の先生からは、すぐに"I am very happy to write a letter for you."と返事がきて安心した。いい先生に恵まれてほんとに幸せ。

でも、疑問は解決されないまま… 上の1-5のうち、どれが一番丁寧度が高いんだろう。

オーストラリア人の友達が見てるかもしれないので英語で。

Give me a help! Which one of the five expressions noted above sounds most polite?

432745186X      477620195X         

   「エチケットブラシ」は"etiquette brush"じゃなくて、

      "lint brush"。「テンションが高い」は"high tension"じゃ

   なくて"hyper"。日本人が間違いやすい表現満載で

   すごく勉強なるよー☆

|

« 内定通知 | トップページ | スタバのクリスマス限定タンブラー »

コメント

多少乱暴でも,“議論できればOK!”な理系の英語とはレベルが違いますね...
1以外は全く思いつきません...
私は,1を使うときに,
Would you please ...
と,“please”を付け加えたりしますが,問題ないですか?

投稿: しん | 2005年11月30日 (水) 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語でお願いをする:

« 内定通知 | トップページ | スタバのクリスマス限定タンブラー »