« TOEFL満点を取るには | トップページ | 沖縄から »

JALTでびゅー

jjcover 私の論文が、全国語学教育学会(JALT, The Japan Association of Language Teaching)の2005年11月号に掲載された。今日、ジャーナルと抜き刷りが届いて、約2年かけて仕上げた論文がこうして形になったことを、心から嬉しく思った。しかも、JALTに認めてもらえたことが何より嬉しい。

シンクロ日本代表監督の井村ヘッドコーチが、「人生に幸せがあるとすれば、泥沼と格闘する中にしかない。だったら、人は泥沼と出会えさえすればいいのだ、、、。」と言っていた。私の研究生活は、泥沼というほど大げさなものではないけれど、それでもやっぱり逃げ出したくなることの方が多い。だから、そんな生活の中で、大きなジャーナルに自分が書いた論文がのったことは、まさに泥沼と格闘する中で得られたものといってもいいような気がする。しんどいことを耐えれば、必ず幸せな瞬間が訪れるんだなぁと思う。

次の私のmissionは、Journal of Second Language Writing (JSLW)に、論文を掲載してもらうことだ。実は先週、アメリカのテネシー大学(JSLWの論文提出先)に論文を送った。約3ヶ月で結果が出るらしい。どうかいい結果がもらえますように。

|

« TOEFL満点を取るには | トップページ | 沖縄から »

コメント

SATCHYさん、(*^o^*…☆こんばんわ~
数ある論文の中から貴女の論文が選ばれ、掲載されたってことは日頃の努力の賜物。.☆.+:^ヽ(∇ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄∇)ノ^;+.☆.
次々とターゲットに向かって突進するその力はあの細い体の何処から出るのでしょうね??
斉藤 孝さんは明治大学の教育学教授、一昨日の新聞に大きく出ていました。
60年安保の年に生まれた方が今、こうして大学生を教えている。何だか不思議な気がします。青春真っ只中の風子でした~友達にも安保闘争に走った人もいました。当時の阿佐ヶ谷、高円寺、風月堂などが目に浮かびましたよ~
明日からオリーブ共々岡山へ一週間行ってきます。
風邪など引かれない様にね。

投稿: 風子 | 2005年11月12日 (土) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JALTでびゅー:

« TOEFL満点を取るには | トップページ | 沖縄から »